2019年08月04日

こあじさしデコイでアート2019結果発表

コアジサシデコイを使ってオリジナルのデコイを作るコンテスト、
こあじさしデコイでアート2019」の作品を発表します!

今年は日本各地から素晴らしい作品が集まりました。

最初に紹介するのは、山形県のTさん御家族の作品3点です。

T.しなつちゃん(3才)「カワセミ」
田崎しなつ.jpg
青と緑と赤を使って大胆なタッチでカワセミに仕上げました。
背中の青い感じはまさにカワセミの雰囲気ですね。
川に置いたら本物のカワセミが求愛給餌をしそうです。(笑)
しなつちゃんに拍手!!

T.さえ様「バカンス娘アジサシ」

バカンス娘アジサシ_田崎さえ.jpg
スイカの上でバカンスを楽しむコアジサシのお嬢さん。
日本の夏を象徴するスイカとコアジサシの組み合わせが面白いですね。
よく見ると、麦わら帽子の表面にはちゃんと麦わらの模様が表現されリボンもついています!
サングラスや頬のピンクのお化粧など、実に細かいところまで作り込まれた楽しい作品となっています。

T.H様「ちゃらアジサシ」
ちゃらアジサシ_田崎紘広.jpg
この作品、爆笑しました。
浜辺でちゃらちゃらしているコワモテのお兄さんといった感じですね。
こんがりと日焼けした肌、花柄のランニングシャツ、胸毛にすね毛(?)、
極め付けは首に付けた金のネックレス!
完璧にちゃらいです。(笑)
これをコロニーに置いたらコアジサシは怖がって皆、逃げてしまいそうです。


次に紹介するのは富山県 K様の作品です。

K様「はすさし」
北島比香里_「はすさし」.jpg
ハスの花とコアジサシ、なんとも大胆なアイデアですね。
青と白のコアジサシと紫のハスの花の色合いが美しいです。
ハスの花とコアジサシ本体のバランスが見事に調和してずっと見とれてしまいました。
独自の世界を作り上げた素晴らしい作品です。



次は埼玉県 Y様の作品です。

Y様「抱卵」
吉武登喜子_「抱卵」.jpg
最初に見たとき、あまりの超絶なリアル感にびっくりして声も出ませんでした。
Yさんはひょっとしてこの分野のプロフェッショナルでしょうか。
そう思わずにはいられないこの本物感と質感です。
体は本物の羽根を植えたかに見えますし、クチバシの仕上がりはもはや本物を超えています!
そして巣の中はこうなっています。
吉武登喜子_「抱卵」2.jpg
思わず巣の中の卵を取ろうと思ってつまんだら絵でした。(笑)
もう脱帽するしかありません。美術館に飾りたいくらいの作品です。


次に日本野鳥の会愛知県支部 さらちゃんの作品を紹介します。

さらちゃん「鯵刺怪鳥コアジラ」

松本彩良_コアジラ.jpg
何とも悪人顔のコアジサシ(笑)。ちょっとデビルマンに似ていますね。
背中のひれやウロコや鍵状に曲がった尾羽がおどろおどろしい雰囲気を醸し出しつつ、
それでもクチバシは黄色で、コアジサシであることをしっかりと主張しています。
現役の女子大生がこんなん作るんかい!とツッコミを入れたくなるほど異色の作品となりました。



日本野鳥の会愛知県支部 ほっしーの作品を紹介します。

ほっしー「海神の使者」
星野綾子_「海神の使者」.jpg
配色のセンスの良さが光る作品。頭に載せたおそろいの王冠がすごく可愛いですね。
題名から想像すると、どこか遠くの島にあるコアジサシ王国からやって来た王子様とお姫様でしょうか。
思わず、おとぎ話のストーリーを空想してしまいます。
「とあるコアジサシコロニー。傷ついたコアジサシをほっしーが介抱してあげた。
元気になったコアジサシをほっしーが放鳥すると南のほうへと飛んで行った。
ある夜、ほっしーが寝ていると部屋の窓をコンコンとたたく音がする。
窓をあけるとそこに美しいブルーとピンクのドレスを身にまとったコアジサシ王子とコアジサシ姫がいた。
(あなたに助けていただいたコアジサシは私たちの大事な子供です。
助けていただいたお礼にコアジサシ王国にご招待します。)
コアジサシ王子の背中に乗ってほっしーは南の島のコアジサシ王国へと飛んでいった。。。(続くかも)」




最後に、こあじさしデコイでアート事務局 テッドの作品を紹介させていただきます。

テッド「ツイッターコアジサシ」

ツイッターコアジサシ.jpg
この作品のモチーフになっているのはツイッターのロゴマークです。
頭部と腹部には丸みをつけ、尾羽も丸くカット、
クチバシはロゴマーク同様、さえずっているかのように開いています。
我々のコアジサシ保護活動が日本中、そして世界中にツイッターで瞬時に拡散するかのごとく広まって欲しい、
そんな願いがこの作品には込められています。
世界に向かって羽ばたけ!ツイッターコアジサシ!
コアジサシツイッター2.jpg


今回、こあじさしデコイでアートに参加していただいた皆様からコアジサシ代金としていただいたお金は
今後のコアジサシ保護活動のためにありがたく使用させていただきます。

改めまして参加の皆様、どうもありがとうございました!!!

こあじさしデコイでアート事務局 テッド。

集合写真1.jpg



---------------------------------------------------------
<付録>
これまでにテッドが作成したオリジナルデコイ作品をここでもう一度紹介させていただきます。
もしよろしければ当時のブログと合わせて御笑覧下さい。

「シャア専用 3倍速い」
(発表当時のブログ⇒http://herons-egrets.sblo.jp/article/183136392.html
シャア専用.jpg


「紅の豚  飛ばねえデコイはただのデコイだ」
(発表当時のブログ⇒http://herons-egrets.sblo.jp/category/4362850-2.html
紅の豚.jpg

「ウルトラマン  光の国からやってきた」
(発表当時のブログ⇒http://herons-egrets.sblo.jp/article/184433990.html
u.jpg

「コアジサシ三等陸曹」
(発表当時のブログ⇒http://herons-egrets.sblo.jp/article/185374131.html
IMG_3725.JPG


日本野鳥の会愛知県支部 http://www.wbsj-aichi.org/
公式ツイッター https://twitter.com/Great_Egret369

























posted by Ted at 09:19| Comment(0) | コアジサシ保護

2019年06月26日

メガソーラーの環境破壊 その3

最近、ある政党のマニフェストを眺めていたら「2030年までに石炭火力発電所の全廃を目指します。」と書いてあってちょっとびっくりしました。
2030年といえばあと11年後です。そんなにすぐに石炭火力発電所を全廃できる可能性があるのでしょうか。

で、ちょっと実現性を検証してみました。

日本の主な発電方法には、石炭火力発電、天然ガス(LNG)火力発電、石油火力発電、水力発電、原子力発電、自然エネルギー発電などがあります。

平成29年度の発電方法ごとの発電比率は下記グラフの通りです。

(資源エネルギー庁の統計データから作成)
無題.png


この中でもっとも温暖化ガスを排出するのが石炭火力発電です。
なので、もしマニフェストにある通り2030年までに 石炭火力発電を全廃できるならそれに越したことはありません。
でも代替え方法で発電量を補わないと発電量が不足してブラックアウトしてしまいます。


このマニフェストには 代替え発電方法が書いてないのですが、
「・・・自然電力100%を目指します。」と書いてあるので自然エネルギー発電を石炭火力発電に置き換えることを想定しているかもしれません。

ではどんな自然エネルギーがあるかというと、実用化されているのは太陽光発電、風力発電、洋上風力発電、地熱発電、バイオマス発電などです。

この中でもっとも低コストで一番実用化が進んでいるのは太陽光発電です。

そこで石炭火力発電を全廃してその発電量を太陽光発電で置き換えるというシナリオが実現するのか計算してみました。ちなみにこの政党は原子力発電全廃も公約に挙げているので、合わせて原子力発電も全廃する想定で計算しました。ベース電源はLNG発電で全てまかなうことができるという前提です。

資源エネルギー庁の統計資料によると、平成29年度では、
日本の全発電量 9133億kwh です。
このうち、
 石炭火力の発電量は、約33%で 2981億kwh です。
 原子力の発電量は、約3%で、313億kwhです。
 合わせて、約36%で、3294億kwh です。
(表参照。クリックで拡大)
発電量グラフ.png

3294億kwhを太陽光発電で発電するには、
どれだけの出力と設置面積とコストが必要でしょうか。

結論から言うと、発電出力31,335万kw設置面積 614,166ha です。
ちなみに東京都と埼玉県を合わせた面積が、598,647haなので、
東京都と埼玉県を合わせた以上の面積が必要ということになります。

設置コストも計算すると、資源エネルギー庁の資料より、
メガソーラーの設置コストは29.4万円/kwなので、

31335万kw x 29.4万円=約92兆円!!!

しかもメガソーラーを設置するための土地代を含んでいないので、
土地代まで含めると天文学的な数字になります。

これはとても実現性があるとは言い難く、石炭火力発電(33%)と原発(3%)の全廃分を全てメガソーラーで置き換えるというシナリオは不成立です。この政党は石炭火力を全廃する代わりにLNG火力に置き換えることを前提にしているのかもしれません。

ですからこのマニフェストをご覧になった方はくれぐれも石炭火力発電の代替えでメガソーラーを設置すればいいなどと勘違いなさらないでいただきたいです。

とにかくメガソーラーというのは場所をとり、野鳥たちから生息場所を奪ってしまうことが多いです。

どの政党が政権を担おうとも自然環境には最大限配慮しつつ実現性のある方法をとって欲しいと心から願います。


(文責 ブログ管理人)
posted by Ted at 13:13| メガソーラー