2017年04月19日

藤前干潟の保全

ラムサール条約登録湿地である藤前干潟。ここで今問題になっていることがあります。

fujimaehigata.jpg

シジミをとるために漁船で藤前干潟に侵入し、本格的な装備で根こそぎシジミを取っていく人たちがいるのです。

そのためか、ここ数年、シジミのような2枚貝を主食とするスズガモというカモの仲間が目に見えて減っています。

藤前干潟はラムサール条約登録湿地であると同時に特別鳥獣保護区にも指定され、そこの野生動物は厳重に保護されています。
ところがその保護されている野鳥の貴重な食糧源であるシジミの漁を規制する法律がないのです。
法的には問題がないため、シジミ漁をする人々に対して誰も何も言うことができません。

その結果、野鳥の数が減ってきているのです。

これでは一体何のためのラムサール条約登録かわかりません。

そこで、我々日本野鳥の会愛知県支部と藤前干潟に関連する自然保護団体は、このシジミ漁を規制するための
運動を展開することにしました。

まずは名古屋市に対して何らかの形で要望書を提出すべく今後活動していきます。

最終的な目標は、藤前干潟での漁やレジャーボートの侵入等を規制する条例を策定し、
藤前干潟をより野鳥が生息しやすい環境にすることです。

そのためには世論の力が必要です。

もしこの考えにご賛同いただけるならば、ぜひこの問題をSNS等で世の中に向けて発信して下さい。
お知り合いに新聞社や報道関係の方がいればこの問題を教えてあげて下さい。

そして世論の関心を藤前干潟の環境保全に向けていただければありがたいです。

どうぞよろしくお願いします!

日本野鳥の会愛知県支部 http://www.wbsj-aichi.org/
サギコロニー調査 http://herons-egrets.sakura.ne.jp/
ポートアイランドを野鳥の保護区にする活動 http://www.wbsj-aichi.org/port_island/page.html






タグ:藤前干潟
posted by Ted at 20:30| Comment(0) | 藤前干潟