2017年06月25日

平成29年6月24日サギコロニー調査結果速報

6月24日(土)蟹江インターチェンジのサギコロニー調査を実施しました。
参加者は36名。天気くもり。それほど暑くなく、まずは快適に調査を実施することができました。

まずは恒例となったおやつ。今回は調査に参加して下さる方のうち、有志に1時間前に集まってもらって菓子の袋詰めを手伝ってもらいました。暑い時期なので塩分補給になるようにスナック系を多くしました。しかしちょっと偏ったか。。それと沖縄みやげの飴や、写真には写っていませんが桑名市の名物かりんとう饅頭、安永餅を差し入れしていただきました。

IMG_2671.JPG

今回は今シーズンのサギグッズとして、サギマスコットを参加者全員に配布しました。支部会員Mさんの手によるものです。アオサギ、ダイサギ、チュウサギ、コサギ、アマサギ、ゴイサギ、それにレア物として、ミゾゴイ、タカサゴクロサギ、アカガシラサギ、カラシラサギを各1個づつ作成。これらを箱に入れてくじ引き方式で引いてもらいました。レア物を引き当てた人は幸運でした。

(下の写真にレアなサギが1個混じっています。どれかわかりますか)
IMG_2672.JPG

毎回カウント調査の前には識別勉強会として飛翔するサギの動画を見ながら識別勉強会をするのですが今回は「実践編」と題して実際の調査員目線で調査時間に撮影した動画で勉強会を実施しました。特に正面から飛んでくるサギは識別が難しいため正面から飛んできて頭上を通過する個体の識別に取り組みました。
下の写真はその勉強会資料の一部です。何サギかわかりますか。
無題.png

さて、サギコロニーについてですが、今シーズンは弥富インターチェンジのコロニーで営巣ゼロという状況が続いています。その分、蟹江ICは数が増え、弥富ICで営巣するはずだった個体の全てが蟹江ICに集中しているようです。

蟹江ICループ内はサギの数がすごいことになっており、推定1200羽です。
木で営巣できない個体は地上営巣しており密集状態で、正確な数をカウントすることはほぼ不可能なくらいです。
無題.png


夕方17:30から日没後の19:26までの飛来数は約2500羽。合計で3700羽と推定しました。(速報値)
例年の約2倍近い個体が帰巣してくるため、調査ポイントによってはほとんど休む間もない状態でした。


念のため弥富IC内の状況も確認しましたがやはりこちらは営巣ゼロでした。

蟹江ICでは南側の従来は営巣していなかった場所をねぐらとして利用し始める個体もいるようです。今後ねぐらの拡大の可能性があるため注意して見守る必要があります。

次回サギコロニー調査は7月29日(土)です。
その頃は相当数が巣立ちしており数はかなり増えているでしょう。

日本野鳥の会愛知県支部 http://www.wbsj-aichi.org/
サギコロニー調査 http://herons-egrets.sakura.ne.jp/
ポートアイランドを野鳥の保護区にする活動 http://www.wbsj-aichi.org/port_island/page.html



posted by Ted at 15:55| Comment(0) | サギコロニー調査