2018年05月27日

蟹江ICコロニー サギカウント調査 5月26日結果速報

2018年5月26日、今年の第1回目となる、蟹江ICコロニーのサギカウント調査を実施しました。
参加者は42名、そのうち大学生が14名、中学生1名、小学生1名で、2011年から続いているこのサギカウント調査も平均年齢がかなり若くなってうれしい限りです。

参加者の皆様にお配りするお菓子の選定と買い出しを今回から、Yさんにお願いしました。
さすがは主婦のYさん、今までとほとんど同じ予算で10種類もの品揃えをして下さり、どうもありがとうございました。
1.jpg


毎年、サギ調査員に無料配布する恒例のサギグッズ。今年はサギのイラスト入りバンダナです! 
愛知県支部会員で今年から役員にもなってくれたTさんにイラストを描いていただきました。本当にカッコイイです。最初にこのイラストを見たときはあまりのすばらしさに20分ほどフリーズしてしまったほどです。
2.jpg

バンダナは色違いで4種類作りました。(赤、黄、緑、青)

これをまとめて箱に入れてくじ引き方式で調査員の方々に選んでもらいました。皆様、早速、頭に巻いたり首に巻いたりして、すごく盛り上がりました。

今回は初めて参加の人が11名いたので、サギ識別勉強会では初歩から飛翔サギ識別方法を学んでいただきました。
5.jpg

飛翔するサギ4種類(ダイサギ、チュウサギ、コサギ、アマサギ)の識別ポイントをギュギュッと凝縮した内容となっています。愛知県支部の重鎮、佐久間さんが編み出した3段階の絞り込みによるシステマチックな識別方法です。これによって白いアマサギとコサギの識別や、ダイサギとチュウサギの識別などが出来るようになります。ちなみに下の写真は識別勉強会の資料の一部です。何サギか識別してみて下さい。
3.jpg

6.jpg

6.jpg

識別勉強会の最後に、「ダイサギを探せ」クイズを出しました。飛び交うサギの大群からダイサギを探す、というものです。この写真の中にダイサギが1羽います。探してみてください。大学1年生で、以前からサギカウントに参加している女性がダイサギを探し当てました。すごい!
(写真をクリックで拡大)
ダイサギをさがせY46A0621.JPG

さて、サギカウントですが、例年どおり5つのカウント地点に分かれてねぐら入りのため飛来するサギを識別しながらカウントしました。
M2290008.JPG

蟹江ICループ内は6名の調査員が入り、入念に数を数えました。株式会社ヘイセイさんの御厚意で今年度もビルの屋上に上がらせていただけることになり、ループ内からは死角となる東側のループは屋上からカウントしました。株式会社ヘイセイさんの御担当者様、どうもありがとうございます!
IMG_1729.jpg

午後7時18分にはカウントを終了、公民館にふたたび集まって結果を集計、その結果、総羽数2071羽となりました。昨年よりやや多いです。

愛知県北西部にあった巨大なサギコロニーが2016年から地元住民による段階的な伐採によって2018年はほぼ消滅しました。かつては2000羽を越えるサギが生息していた巨大コロニーでした。
今年は一体どこに行くのか注視しておりましたが、昨年度消滅した弥富ICコロニーは復活せず、蟹江ICコロニーもすでにオーバーフロー気味なので、どうやら他の場所に行った模様です。

一か所、巨大化する可能性のあるコロニーがあり、そこに行った可能性もあります。
今後の動向に注目です。

日本野鳥の会愛知県支部HP http://www.wbsj-aichi.org

















































posted by Ted at 16:27| Comment(0) | サギコロニー調査

2018年05月22日

旅立つシギ・チドリを見送る会「さよなら探鳥会」開催しました

2018年5月20日午後4時から、北の国へと旅立つシギ・チドリを見送る観察会「さよなら探鳥会」を藤前干潟にて開催しました。

天気は晴、南風がやや吹いていました。潮は満潮からの上げ潮でコンディションは申し分ありません。

まずは野鳥観察館前から干潟を観察しました。干潟ではチュウシャクシギ、キアシシギが採餌していました。

少しづつ北に移動しながらスロープ付近で陣取り、そこで旅立ちを待つことにしました。
干潟からはチュウシャクシギの鳴き交わしの「ピピピ」という澄んだ声が聞こえてきます。それに交じってダイゼンの「ピューイ」という声も聞こえてきました。

春の夕暮れどき、夕日に照らされながら干潟で鳴き交わすシギ・チドリの澄んだ声はなんとも言えぬ哀愁を感じさせ、聞くものの心を洗い流します。
IMG_1700.JPG

時刻は午後5時40分頃、鳴き交わしの声が大きくなったかと思うと、第1陣の群れ20羽弱が干潟を飛び立つと低く旋回を初めました。そして少しずつ高度をあげ、やがて堤防を越えて飛び去っていきました。旅立ちの瞬間です。後で写真で確認したところ、これはダイゼンの群れでした。
20180520ダイゼン01.JPG

干潟ではチュウシャクシギの鳴き交わしの声が大きくなってきました。すると40羽ほどの群れが飛び立って干潟上空を旋回し始めました。このまま旅立ちか、と思いきや干潟に降りる、そんなことを何度も繰り返します。
午後6時頃に再び60羽ほどの群れが舞い上がり、今度はかなりの高度で旋回を始めました。そして美しい隊列を組み、干潟から飛び去っていきました。感動の旅立ちの瞬間です。

20180520チュウシャクシギ02.JPG

20180520チュウシャクシギ03.JPG

その後も次から次へとチュウシャクシギの群れは隊列を組んで飛んでいきました。

すぐ近くの干潟で採餌していたキアシシギ12羽も澄んだ声で、ピピピピーと鳴き交わし始めました。全く飛ぶ気配はなかったのですがその群れのうち、4羽が飛び立ったかと思うとアッという間に高度を上げて、干潟から飛び去っていきました。

日がかなり西に傾いた午後6時30分頃、観察を終了しました。

結局この日に飛び去った羽数は推定で、チュウシャクシギ140羽〜190羽、ダイゼン約20羽、キアシシギ4羽でした。

「さよなら探鳥会」の日に全く飛ばないこともあります。
今年は大当たりの「さよなら探鳥会」となり、生涯忘れられない一日となりました。

(チュウシャクシギ、ダイゼンの写真提供:愛知県支部 松村さん)


日本野鳥の会愛知県支部 http://www.wbsj-aichi.org/
支部会員募集中!!   http://www.wbsj-aichi.org/recruite.html











posted by Ted at 05:18| Comment(0) | 藤前干潟

2018年05月19日

紅の豚コアジサシデコイ「飛ばねぇデコイはただのデコイだ」

舞台は1920年代のイタリア、アドリア海。
ある日、元イタリア空軍パイロットで今は賞金稼ぎのポルコ・ロッソは一本の電話を受ける。

「コアジサシ最後のコロニーがアイチケン空賊連合キギョーチョー団に狙われてる。ポルコ、すぐ飛んでくれ」

「安い仕事はやらねえぜ」

「コアジサシたちが誘拐されたんだ」

「そいつは、ちと高くつくぜ」

ポルコ・ロッソは、コアジサシ姿の真っ赤な飛行艇サボイアS21 に乗り込むと、コアジサシのコロニーをアイチケン空賊連合キギョーチョー団から救うため、アドリア海の青い空へと飛び立って行った。。。(続くかも)


思わずこんな空想をしてしまいそうな、オリジナルコアジサシデコイが完成しました。
「紅の豚」コアジサシデコイです。

1.jpg

2.jpg

4.JPG

3.jpg


愛知県内の自然環境のコアジサシコロニーは開発によってほぼ壊滅しました。いまや自然環境とよく似た造成地がコアジサシたちのコロニーです。

コアジサシは毎年いろいろな造成地を探してコロニーを形成します。はるか遠くのオーストラリア方面から日本に渡ってきて繁殖場所をさがすコアジサシたち。

昨年、常滑市イオン前の造成地には数百羽のコアジサシが飛来し営巣をしました。ここは愛知県企業庁の管理する土地です。

今年はコアジサシが営巣できないよう、愛知県企業庁によってわざわざ盛り土がされていて、さらに追い払うための人の監視が付いています。
イオン常滑空地南側.jpg


遠い旅をして日本にやってきたあげく、自然の環境は開発され尽くし、造成地でも営巣できないように追い払われるコアジサシたち。コアジサシには何の罪もないのです。なぜこんな扱いを受けなければならないのでしょうか。

そんなコアジサシを守るヒーローがいたらいいなという空想から、コアジサシの魔法がかかった飛行艇を操る「紅の豚 ポルコ・ロッソ」というアイデアが生まれました。

作成には、金型による量産型コアジサシデコイ(材質:紙入りバイオプラスチック、 金型および成形:阿久津樹脂工業)とファインモールド社製のプラモデル「紅の豚 サボイアS21」を使用しました。
IMG_1691.JPG

ホテル・アドリアーノのマダム・ジーナと合って話をするマルコ。

「今日 連絡があったの。ベンガルで残骸が見つかったって。3年待ったわ。もう涙も かれちゃった」

「いいやつはみんな死ぬ」

マルコの乗ったサボイアS21はミラノに休暇に行く途中、アイチケン空賊連合キギョーチョー団にやとわれたアメリカ人のカーチスに襲われ、不時着、飛行艇は大破した。

2日後、マルコはジーナに電話をかける。

「マルコ、今にローストポークになっちゃうから…私イヤよ そんなお葬式」

「飛ばねえデコイは、ただのデコイだ」

「バカ!!!」



「紅の豚」オリジナルサウンドトラック。デコイ作成中はずっと聞いていました。
久石 譲の美しい音楽とコアジサシの美しさはベストマッチです。
https://www.youtube.com/watch?v=VX13gFCsL8I
IMG_1695.JPG

コアジサシの営巣をじゃまするアイチケン空賊連合キギョーチョー団をやっつけてくれる、”紅の豚”ポルコ・ロッソ。

本当にかっこいい。

「カッコイイとは、こういうことさ」



posted by Ted at 14:30| Comment(0) | コアジサシ保護