2018年05月19日

紅の豚コアジサシデコイ「飛ばねぇデコイはただのデコイだ」

舞台は1920年代のイタリア、アドリア海。
ある日、元イタリア空軍パイロットで今は賞金稼ぎのポルコ・ロッソは一本の電話を受ける。

「コアジサシ最後のコロニーがアイチケン空賊連合キギョーチョー団に狙われてる。ポルコ、すぐ飛んでくれ」

「安い仕事はやらねえぜ」

「コアジサシたちが誘拐されたんだ」

「そいつは、ちと高くつくぜ」

ポルコ・ロッソは、コアジサシ姿の真っ赤な飛行艇サボイアS21 に乗り込むと、コアジサシのコロニーをアイチケン空賊連合キギョーチョー団から救うため、アドリア海の青い空へと飛び立って行った。。。(続くかも)


思わずこんな空想をしてしまいそうな、オリジナルコアジサシデコイが完成しました。
「紅の豚」コアジサシデコイです。

1.jpg

2.jpg

4.JPG

3.jpg


愛知県内の自然環境のコアジサシコロニーは開発によってほぼ壊滅しました。いまや自然環境とよく似た造成地がコアジサシたちのコロニーです。

コアジサシは毎年いろいろな造成地を探してコロニーを形成します。はるか遠くのオーストラリア方面から日本に渡ってきて繁殖場所をさがすコアジサシたち。

昨年、常滑市イオン前の造成地には数百羽のコアジサシが飛来し営巣をしました。ここは愛知県企業庁の管理する土地です。

今年はコアジサシが営巣できないよう、愛知県企業庁によってわざわざ盛り土がされていて、さらに追い払うための人の監視が付いています。
イオン常滑空地南側.jpg


遠い旅をして日本にやってきたあげく、自然の環境は開発され尽くし、造成地でも営巣できないように追い払われるコアジサシたち。コアジサシには何の罪もないのです。なぜこんな扱いを受けなければならないのでしょうか。

そんなコアジサシを守るヒーローがいたらいいなという空想から、コアジサシの魔法がかかった飛行艇を操る「紅の豚 ポルコ・ロッソ」というアイデアが生まれました。

作成には、金型による量産型コアジサシデコイ(材質:紙入りバイオプラスチック、 金型および成形:阿久津樹脂工業)とファインモールド社製のプラモデル「紅の豚 サボイアS21」を使用しました。
IMG_1691.JPG

ホテル・アドリアーノのマダム・ジーナと合って話をするマルコ。

「今日 連絡があったの。ベンガルで残骸が見つかったって。3年待ったわ。もう涙も かれちゃった」

「いいやつはみんな死ぬ」

マルコの乗ったサボイアS21はミラノに休暇に行く途中、アイチケン空賊連合キギョーチョー団にやとわれたアメリカ人のカーチスに襲われ、不時着、飛行艇は大破した。

2日後、マルコはジーナに電話をかける。

「マルコ、今にローストポークになっちゃうから…私イヤよ そんなお葬式」

「飛ばねえデコイは、ただのデコイだ」

「バカ!!!」



「紅の豚」オリジナルサウンドトラック。デコイ作成中はずっと聞いていました。
久石 譲の美しい音楽とコアジサシの美しさはベストマッチです。
https://www.youtube.com/watch?v=VX13gFCsL8I
IMG_1695.JPG

コアジサシの営巣をじゃまするアイチケン空賊連合キギョーチョー団をやっつけてくれる、”紅の豚”ポルコ・ロッソ。

本当にかっこいい。

「カッコイイとは、こういうことさ」



posted by Ted at 14:30| Comment(0) | コアジサシ保護