2019年01月31日

英語の野鳥図鑑の読み方 3回目

英語の野鳥図鑑の読み方 3回目です。

今回参考にする図鑑は、「National Geographic Field Guide to the Birds of North America, Second Edition」です。Second Edition、つまり第2版です。現在は2017年発行の第7版まで出ています。
旧版はAmazonで安価に入手可能なことが多いです。

(下の表紙は第3版)
無題.png

この図鑑には北米大陸に生息する野鳥がほぼ全て載っています。識別だけでなく行動や習性が比較的細かく書かれているので参考になります。

英語野鳥図鑑を読むには3つのコツがあります。

1.省略に慣れる
2.部位と色の表現に慣れる
3.専門用語に慣れる

今回は、「アマサギ」を例にとって説明します。

(以下原文は、「National Geographic Field Guide to the Birds of North America, Second Edition」52ページから引用)

<原文@>
Small, stocky white heron with large, rounded head. Breeding adult is adorned by orange-buff plumes on crown, back, and foreneck.

<意訳>
大きく丸みを帯びた頭の、小型でずんぐりとした白いサギ。繁殖期の成鳥には頭頂、背中、および首の前部に飴色の飾り羽がある。

<単語>
small:小型の
stocky:ずんぐりとした
heron: サギ類
large:大きい
rounded:丸い、丸みを帯びた
head:頭、頭部
breeding:繁殖の、繁殖期の
adult:成鳥
adorn:飾る
orange-buff:飴色
plumes:飾り羽
crown:頭頂
back:背中
foreneck:首の前部

<説明>
最初の文で省略されている主語は、Cattle Egret(アマサギ)です。この主語を補うと原文は次のようになります。

The Cattle Egret is a small, stocky white heron with large, rounded head.
アマサギは、大きく丸みを帯びた頭の、小型でずんぐりとした白いサギである。

次の文。
Breeding adult is adorned by orange-buff plumes on crown, back, and foreneck.

adorn は飾る、という意味です。ここでは受け身なので、飾られる、という意味です。
直訳すると、「繁殖期の成鳥は、頭頂、背中、首の前部が飴色の飾り羽で飾られる」となります。
すなわち「繁殖期の成鳥には頭頂、背中、および首の前部に飴色の飾り羽がある。」


<原文A>
At height of breeding season, bill is red-orange, lores purplish, legs dusky-red. Nonbreeding adult has shorter, whitish plumes, yellow bill, yellowish legs.

<意訳>
繁殖期の最盛期ではクチバシは赤みを帯びた橙色で、目先は紫色っぽく、脚は暗い赤色。非繁殖期では飾り羽は短くて白っぽく、クチバシは黄色、脚は黄色っぽい。

<単語>
height:高さ、絶頂、最盛
breeding season:繁殖期
bill:クチバシ
red-orange:赤みを帯びた橙色
lore:目先
purplish:紫がかった
dusky-red:黒っぽい赤、暗い赤
non-breeding :非繁殖期
shorter:より短い
whitish:白っぽい
yellowish:黄色っぽい
leg:脚

<説明>
At height of breeding seasonは「繁殖期の最盛期」と訳しましたが要するに婚姻期のことです。
この文ではbe動詞が省略されています。be動詞を補うと、
At height of breeding season, bill is red-orange, lores are purplish, legs are dusky-red.
となります

次の文。
Non-breeding adult has shorter, whitish plumes, yellow bill, yellowish legs.
この文は省略がなく分かりやすいですね。
(直訳)非繁殖期の成鳥は短くて白い飾り羽と黄色いクチバシと黄色っぽい脚を持つ。
(分かりやすく訳すと⇒)非繁殖期の成鳥では、飾り羽は短くて白っぽく、クチバシは黄色、脚は黄色っぽい。



では最後に原文Bです。
<原文B>
Often seen among livestock in pastures and fields, feeding on insects stirred up by hooves or tractors; also picks insects off animals’ backs. In flight, resembles Snowy Egret but is smaller; bill and legs shorter; wingbeats faster.

<意訳>
牧草地や田畑では、よく家畜に混じっているのが見られ、蹄(ひづめ)やトラクターによってかきたてられた虫を採餌する。また動物の背中に付いた虫もついばむ。飛翔時はユキコサギに似ているが小さく、クチバシと脚は短く、羽ばたきは早い。

<単語>
often:よく
among:〜の間で、
livestock:家畜
pasture :牧草地
field:田畑
insect:虫
stir up:かきたてる
hooves:蹄(ひづめ)
pick off:つまみとる、ついばむ
in flight:飛翔時
resemble:〜に似る
Snowy Egret:ユキコサギ(北米に生息するコサギによく似たサギ)
wingbeats:羽ばたき

<説明>
Often seen among livestock in pastures and fields,
この文に主語を補うと次の通りです。
The Cattle Egret is often seen among livestock in pastures and fields,
アマサギは牧草地や田畑では、よく家畜に混じっているのが見られ、

among livestock は直訳すると「家畜の間で」なので「家畜に混じって」と訳すとわかりやすいです。
is seen はseeの受け身で、見られる、という意味です。

次の文。
feeding on insects stirred up by hooves or tractors;
この文をわかりやすくするために主語と関係代名詞を補うと次の文になります。
The Cattle Egret feeds on insects which are stirred up by hooves or tractors;
アマサギは、蹄(ひづめ)やトラクターによってかきたてられた虫を採餌する。

次の文。
In flight, resembles Snowy Egret but is smaller; bill and legs shorter; wingbeats faster.
飛翔時はユキコサギに似ているが小さく、クチバシと脚は短く、羽ばたきは早い。

この文も省略された主語とbe動詞を補うと次の文になります。
In flight, the Cattle Egret resembles Snowy Egret but the Cattle Egret is smaller; bill and legs are shorter; wingbeats are faster.
アマサギは飛翔時はユキコサギに似ているが小さく、クチバシと脚は短く、羽ばたきは早い。

このように省略されている単語に気づけば分かりやすい文になります。

今回は以上です。

近日中に第4回を投稿する予定です。どうぞお楽しみに。
愛知県支部会員に限っては、英語辞典の読み方の個人的なご質問もお受けいたします。

※orange-buff を当初「亜麻色」と訳していましたが支部役員のMさんからご指摘いただき、
「飴色」と訂正しました。日本語も難しいですね。(笑)。

==================================================================================
日本野鳥の会愛知県支部に入会しましょう! http://www.wbsj-aichi.org/recruite.html

案内人のサポーター、サギコロニー調査、コアジサシ保護活動、子供向けワークショップの運営などなど、
人生が充実すること間違いなしです。⇒http://herons-egrets.sblo.jp/article/185278841.html
==================================================================================


posted by Ted at 10:36| Comment(0) | 英語の鳥図鑑

2019年01月25日

「フィールドガイド 江戸時代の鳥」展示

名古屋市博物館で野鳥に関するユニークな展示を開催中です。

「フィールドガイド 江戸時代の鳥」と題して江戸時代の鳥についての史料の展示です。

名古屋市博物館学芸員で愛知県支部会員でもあるSさんから開催要項が届きましたので下記に添付します。
この機会にぜひ名古屋市博物館に行きましょう!


「フィールドガイド 江戸時代の鳥」

バードウォッチング―― 野の鳥を観察するという趣味が日本でさかんになったのは1970年代といわれています。それまで野鳥を見る習慣がなかったかといえば、そうではありません。古くから人々は生活の中で鳥の存在を認識しており記録に残しています。江戸時代に編纂された産物帳はその土地にどのような鳥がいたのか目録にまとめており、名所図会や随筆などでは日々見る鳥に対する記述をいくつも見ることができます。今回は、史料というフィールドの中で鳥たちとの出会いを楽しんでみましょう。

会期
平成31年1月23日(水)〜3月24日(日)
※資料保存のため、途中場面替えをする資料があります。
 前期:1月23日(水)〜2月24日(日)
 後期:2月27日(水)〜3月24日(日)


会場
名古屋市博物館2階常設展示室内 テーマ10

料金
 常設展示室観覧券 一般300円 高大生200円 中学生以下無料
 市内65歳以上の方100円(要敬老手帳等)
 ※特別展開催時は、特別展観覧料でもご観覧いただけます。
江戸時代の鳥.jpg
posted by Ted at 18:55| Comment(0) | お知らせ

2019年01月13日

満員御礼! 子供向けワークショップ「野鳥探偵」 

おかげさまで 2019/3/17の野鳥探偵は定員に達しました。
お申し込みありがとうございました! (2019/2/01 追記)




----------------------------------------------------------------

「そこは静かな森の中。
鳥たちと波乱の旅路に出よう。
数々の困難に立ち向かい、
自然を守る君たちの参加を待っている・・・。」

昨年開催して好評だった、子供向けワークショップ「野鳥探偵」。
今年は3月に第1回目を開催します!

IMG_3622.JPG

日時:2019年3月17日(日)午前10時〜12時(9時30分から受付)
場所:豊田市自然観察の森(ホームページはこちら
対象:小学生
定員:20名まで(先着順)
参加費:500円(保険料込み)
ワークショップ内容:
 ・森でビンゴ
 ・野鳥のお面作り
 ・波乱の旅路 他
申し込み方法:
 お名前・学年・保護者の方のお名前・電話番号・住所・連絡用メールアドレスを記載の上、愛知県支部の下記申込み先にメールでお申込みください。※1週間前までに連絡がない場合は再度ご連絡下さい。

申し込み先 E-MAIL: front@wbsj-aichi.org

参考までに昨年夏に開催したときの様子の写真をご覧ください。
※ワークショップ内容は今回とは異なっています。

昨年夏のプログラム
M2380006.JPG

羽根の痕跡から犯人を捜せ
M2380003.JPG

くちばしの謎を解け
M2380002.JPG

エッグアート
M2380017モザイク.jpg

申し込みはお早目に! 


日本野鳥の会愛知県支部 http://www.wbsj-aichi.org/





posted by Ted at 23:03| Comment(0) | お知らせ