2016年09月10日

緑区伝治山サギコロニー取材記事の補足

先日、名古屋市緑区伝治山のサギコロニーについて中日新聞から電話取材があり、いくつかの質問にお答えしたところ記事になって9月6日紙面に載りました。(インターネットで「中日新聞」・「サギ」・「緑区」 で検索すると出てきます。) 取材の目的は近隣住民から糞や臭いの苦情があるが、どう考えるか意見を聞きたいというものでした。そこで以下の通りお答えしました。
・伝治山コロニーは我々の把握している限り県内では蟹江・弥富ICコロニー、稲沢矢合町コロニーに次ぐ県下最大級のサギコロニーである。
・アオサギ、ダイサギ、チュウサギ、コサギ、アマサギ、ゴイサギの6種が繁殖する。
・準絶滅危惧種のチュウサギがほぼ半数を占める貴重な繁殖地である。
・樹林の伐採をすると近隣の樹林地に移動して新たな軋轢を生む可能性が非常に高い
・カリフォルニア州では樹林地ごとゴイサギコロニーを2km離れた場所に移設してデコイとスピーカーによる誘導を試みて成功した事例がある。
・もし伝治山コロニーを伐採するならば、行政が主体となってサギの新たな営巣場所を確保し、そこにサギを誘導するよう試みることが必要であろう。

取材の内容は以上ですが、若干の補足をしておきます。
まずアメリカのゴイサギコロニー移設の話はウェブサイトに論文として掲載されています。
http://www.jstor.org/stable/1522533?seq=1#page_scan_tab_contents
要旨はざっと次の通りです。
「再開発中のロングビーチ港が海軍に利用されていた頃、500つがいものゴイサギが街路樹のガジュマルやオリーブの木にコロニーを形成していた。渡り鳥条約の条項に基づいた米国魚類野生生物局との協定により、ロングビーチ港当局はターミナルの工事に先立ってコロニーの移設をすることに同意した。1999年、50本の木が木枠で囲われて元の場所から約2km離れた場所にトレーラーで移設された。ゴイサギのデコイを木の中に設置してコロニーで録音したゴイサギの鳴き声を1日に2回流し、林への一般の立ち入りを制限した。営巣は成功し2000年には423巣から1128羽のヒナが誕生した。これだけ大きなコロニーの全数移設は前例がない。」( Stacey Crouch, Carol Paquette and David Vilas Waterbirds: The International Journal of Waterbird Biology Vol. 25, No. 4 (Dec., 2002), pp. 474-478 Abstractから抜粋して引用)

やはりアメリカはスケールが違います。コロニーの樹林ごとそっくり移設してしまうのですから。
日本の行政とはあまりにも違いますね。

伝治山の件については、行政は「私有地である以上、市の権限では対応できない」という前にまず現状を把握して伐採以外にどんな対策が出来るかも考えるべきだと思います。行政は現状をどの程度把握しているでしょうか。営巣開始時期は? 最大羽数とピーク時期は? どの方角からの帰巣が一番多いのか? 飛来数が多い時間帯は? 糞害を受ける家はどの範囲にあるのか? など把握すべきことは山ほどあります。把握すべきことを把握した上で市の権限でやれる範囲の方策を考え出すべきであると思います。

サギコロニー調査ウェブサイト http://herons-egrets.sakura.ne.jp/
日本野鳥の会愛知県支部ウェブサイト http://www.wbsj-aichi.org/ 








posted by Ted at 12:01| Comment(0) | サギコロニー調査
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: