2016年10月24日

ササゴイコロニー保全について

ササゴイはシラサギ類とはコロニーを形成せず、彼らだけのあまり密集しないコロニーを形成します。以前は名古屋市の港区のメインストリート街路樹でコロニーを形成しましたが、商店街の街路樹だったせいか、2年ほど前に街路樹の枝の大半が伐採されてしまい、、コロニーは消滅しました。5年前、仕事で熊本県の菊池市に滞在したとき、菊池市内の菊池温泉街のメインストリートにササゴイのコロニーがありました。菊池市は温泉街周辺にたくさん自然が残っており、ササゴイのコロニーを形成するには都合のよい場所が他にもたくさんありそうなのですが、なぜかその温泉街のメインストリート街路樹に集団繁殖していました。

菊池市の場合は、街路樹の下に「ササゴイ営巣中」とか書いた看板が立ててあり、ササゴイの営巣地を見守るような対策が立ててありました。保護というよりは、「注意喚起」という程度のものでしたが、その程度でも十分だと思います。ぜひ愛知県でも看板設置等でコロニーの保全をしていただきたいと思います。

今回、愛知県岡崎市在住の若手支部会員が岡崎市で繁殖したササゴイの報告書を作成してくれましたのでここに掲載します。striated heron colony report.pdf
岡崎市の場合は周辺にササゴイの繁殖に適する場所がなくなり、この場所に来ざるを得なかった、という状況のようです。気がついたら絶滅寸前、ということにならないように皆で気にしつつ、営巣地を保護できるものなら保護していきたいものです。

posted by Ted at 22:16| Comment(1) | サギコロニー調査
この記事へのコメント
菊池市物産館の木にコロニーがありました。道路を幼鳥がちょこちょこ歩いていて、運転手がたまたま気づいてブレーキをかけるだけで、たまたま引かれていない、という、いつ引かれてもおかしくない道路のど真ん中にいます。菊池市の方はおおらかで文句を言う人がいないことを願います。2017年6月末訪問。
Posted by at 2017年06月29日 22:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: