2016年12月21日

リトルターン報告会

12月3日(土)、NPO法人リトルターン・プロジェクト「報告会」に参加して報告を拝聴してきました。リトルターン・プロジェクトは、東京都森ヶ崎水再生センターの施設屋上に作られたコアジサシの人口営巣地の保護や整備を行っているNPO法人です。愛知県支部はこの人口営巣地の整備活動や観察会への参加、あるいは代表の北村氏を愛知県にお招きして講演をしていただくなどの交流をしています。
今回の報告会は2016年度のコアジサシ営巣結果報告や、7人のパネリストによるパネルディスカッションなどがあり、興味深い報告会でした。このリトルターンプロジェクトによるコアジサシ営巣地保護活動は、NPO、行政、それに市民が三位一体となって活動をしているという点で野鳥保護活動の理想の形をとっています。特に私が興味をもったのは、野鳥保護活動に対してなぜこれほど緊密な関係を行政とNPOが築くことができたのか、という点でした。パネルディスカッションの質疑応答でその点をお聞きしたところ、もともと行政と関係の深い方が活動の初期から参加していて、そのおかげで活動初期から行政と友好な関係を行政と築くことができた、ということでした。やはり何事も人と人とのつながりが大事なのですね。
ちなみにその質問の後、愛知県支部の活動に話を振ってもらったので、量産コアジサシ金型の宣伝を少しさせていただきました。3Dプリンタによるプロトタイプのコアジサシデコイを持参していたのでそれを取り出して見せると皆様、興味深げに見ていました。そして報告会が終わった後、飛び入りでリトルターンの懇親会にも参加させてもらったのですが、その席にも行政の方が参加されており非常に打ち解けた感じの楽しい懇親会でした。愛知県支部ではまだそこまで緊密な関係が行政とはないため、ある意味少しうらやましくもありました。
愛知県にも行政関係者で野鳥保護活動に興味のある方は少なからずいらっしゃると思います。
特に教育関係の方(例えば教育委員会の方とか)で環境教育の一環として野鳥保護活動に興味ある方がいたらぜひ協同したいですね。サギコロニーと人との共生やコアジサシ保護、または干拓地の野鳥保護活動など環境教育の生の教材をたくさん提供できると思います。

さて、愛知県支部の金型によるコアジサシデコイ量産プロジェクトですが、助成金の獲得以外の方法でも資金調達の道を模索しつつ来年こそ実現したいと思っています。

日本野鳥の会愛知県支部HP http://www.wbsj-aichi.org/
サギコロニーHP http://herons-egrets.sakura.ne.jp/
posted by Ted at 09:12| Comment(0) | コアジサシ保護
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: