2017年05月01日

サギコロニー調査シーズン開幕

4月30日(日)、今シーズン最初の蟹江・弥富インターチェンジのサギコロニー調査を実施しました。

参加者は22名。
ゴールデンウイークの最中で急なアナウンスにも関わらず大勢の調査員の方々が集まってくれました。

今回は事前調査ということでインターチェンジのループ内への立ち入りはせず、
蟹江IC、弥富ICのループ外を車で走行しながら目視と動画撮影にて営巣状況を確認、
さらにICの外回りも歩いて営巣状況をチェックしました。

その結果、以外なことが判明。
なんと今年は弥富ICでの営巣が現時点でゼロでした。
そのかわり蟹江ICではループ内に数百羽の営巣を確認できました。
これからさらにチュウサギやアマサギが営巣にやってきますが、もしこのまま弥富ICでの営巣ゼロが続くと、弥富ICコロニー消滅、ということになりかねません。
いままで弥富ICで営巣をしていた個体はどこへ行くのか。
蟹江ICに集中するのかそれとも周辺に分散するのか。
今年はサギたちの行動に注目する必要があります。

さらに今年の注目ポイントとして、このサギコロニーにテレビ番組の取材が入っています。
その番組はNHK「ダーウィンが来た!」。
今年3月から取材が始まり、8月頃まで撮影を続け、今年の秋頃に放送予定です。
愛知県支部としてもこの取材に可能なかぎり協力し、我々も知らなかったような新たな知見が得られないか、と期待しています。

日本野鳥の会愛知県支部 http://www.wbsj-aichi.org/
サギコロニー調査 http://herons-egrets.sakura.ne.jp/
ポートアイランドを野鳥の保護区にする活動 http://www.wbsj-aichi.org/port_island/page.html
posted by Ted at 10:45| Comment(0) | サギコロニー調査
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: