2017年05月23日

島根県雲南市のサギ駆除

島根県雲南市の撃ち殺されてしまったコウノトリはかわいそうでした。
それにしても「サギと間違えて撃った」とは聞き捨てならず、
雲南市にサギ駆除の状況を電話で確認してみました。

まずどんなサギ被害が出ているのかについて聞いたところ、「サギが田んぼの苗を踏み荒らす」のだそうです。
苗は一度踏み倒されると植え直す必要があるため農家の方にとって大変な手間となるとのことでした。

駆除するサギの種類は、ダイサギ、コサギ、チュウサギだそうです。
(チュウサギは準絶滅危惧種なんですけど。。)

駆除については、農家の方から依頼がある都度、その田んぼに行って駆除するそうです。
駆除は猟友会に委託、駆除の許可は市長権限で発令しています。

いつごろから駆除しているか確認したところ、
雲南市は平成16年に合併したが、それ以前から駆除は実施している、
いつ頃から始まったかは今すぐにはわからないのだそうです。

駆除数ですが、毎年100羽前後を駆除しておりその内訳は不明です。
(内訳不明って。。)

雲南市は農家が多く農業被害も多いので、
農業被害で農地を放棄されても困るため鳥獣被害対策には力を入れています。

今回の”コウノトリ事件”については雲南市は大変申し訳なく思っており、
2度とないように努めます、と担当者には謝られてしまいました。
(別に責める気は全くなかったのですけど。。)

この先コウノトリが増えて苗を踏む被害が出なければいいが、
と思いました。コウノトリはサギよりもずっと大きいので、
苗の踏み倒し被害はサギよりも大きいでしょう。

コウノトリが駆除される日もいずれは来るのでしょうか。
(国の特別天然記念物ですけど。。)

そうならないようにコウノトリは増やさないようにするほうが
いいのかもしれません。(いや、これは冗談です。笑)


人とサギの共存はなかなか難しいですが、愛知県はサギとの共存の見本として、
これからも共存方法を探っていきたいものです。

日本野鳥の会愛知県支部 http://www.wbsj-aichi.org/
サギコロニー調査 http://herons-egrets.sakura.ne.jp/
ポートアイランドを野鳥の保護区にする活動 http://www.wbsj-aichi.org/port_island/page.html


posted by Ted at 21:49| Comment(0) | サギコロニー調査
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: