2017年05月28日

2017年5月27日 サギコロニー調査結果速報

2017年5月27日サギコロニー調査を実施しました。

まずは、今回のおやつです。
えびカリ、キットカット(調査員の差し入れ)、源氏パイ、フルーツゼリー、バウムクーヘン、それに熱中症予防の塩アメ。約2時間のカウント調査は結構体力を消耗するため、このようなおやつはエネルギー補給のための結構重要なアイテムです。毎回、甘い物、スナック系、ゼリー系、飴系、その他をバランスよく配分することを心がけて選定しています。
IMG_2643.JPG

さらに今シーズンのサギ調査オリジナルグッズを紹介します。
今回は、サギのフェルトマスコットです。裏面に安全ピンがついており、リュックサックや帽子などに付けることができます。下の写真をご覧ください。何サギかわかりますか?
IMG_2647_mizutani_940x450.jpg

このフェルトマスコットは非売品で、調査に参加した人のみの限定配布となっています。

さて、今シーズンの蟹江、弥富ICサギコロニーでは異変が起きており、弥富ICコロニーではサギの営巣数ゼロ、という状況になっています。
なぜ営巣数ゼロになってしまったのか、はっきりとした原因はわかりませんが、推測としては弥富ICループ内の下草を3月頃にきれいに刈り取ったため、サギたちがその状態に警戒心を抱いてしまったのか、ということが挙げられます。あるいはサギのデコイの設置に違和感を抱いてしまったのかもしれません。

いずれの要因にせよ、今回の調査では弥富ICコロニー営巣ゼロ、という状況が蟹江ICコロニーの営巣数にどんな影響を及ぼしているのかが注目されました。

調査の参加人数は、大学生8名、高校生2名、小学生2名を含む41名でした。弥富IC営巣数ゼロのため、通常であれば蟹江チームと弥富チームに分かれてカウントをするのですが、ほぼ全員が蟹江ICでカウントをすることにしました。A班、B班で同じ調査ポイントに立ってサギ飛来数をカウントし、後から結果の数字を照合する、という方法です。

さて、注目の結果ですが、蟹江ICループ内はすごいことになっていました。昨年同時期は275羽でしたが、今年はすでに見える範囲内のみでも約400羽です。しかも樹木が満杯で地上営巣の個体が相当数いました。あまりに地上営巣が多く、また観察ルートのすぐそばで営巣しているため、ループ内の奥にまで入ってのカウントは諦めざるを得ない状況でした。そのため見えない範囲にいる個体は見える範囲にいる個体の少なくとも同数以上はいると考えられます。そこでループ内は少なくとも約850羽と推定しました。

ループへの飛来数ですが、こちらは888羽という結果でした。

よって蟹江ICの個体数は約1738羽と推定されます。

昨年5月同時期では弥富ICと蟹江ICの合計個体数は1675羽です。

この結果から、弥富ICで繁殖するはずだった全ての個体が蟹江ICループ内に集中した、と結論づけることができるでしょう。他コロニーへの分散もないと思われます。

弥富IC付近では調査員2名を配置して、サギの飛来方向を確認しました。
すると確認された個体のほとんどは蟹江IC方向へ飛んでいきました。
弥富IC付近から西をエサ場にしている個体も蟹江ICで営巣していることが推測されます。

今後の注目点としては、蟹江IC個体数はどこまで増えるのか、ループ内がオーバーフローしたとき、それらの個体はどこへ行くのか、ということです。

あまり蟹江ICループ内で数が増えすぎると車との衝突事故の懸念が増大します。
そのためせめてねぐら利用でもいいので弥富ICループに戻ってくることを期待しつつ、次の対策を計画中です。

次回カウント調査は6月24日(土)です。
(なお、過去に一度も調査に参加されていない方の新規募集は締め切りました。)

日本野鳥の会愛知県支部 http://www.wbsj-aichi.org/
サギコロニー調査 http://herons-egrets.sakura.ne.jp/
ポートアイランドを野鳥の保護区にする活動 http://www.wbsj-aichi.org/port_island/page.html













posted by Ted at 07:01| Comment(0) | サギコロニー調査
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: