2017年08月04日

サギコロニー調査 7月29日結果の速報

7月29日、今年3回目の蟹江インターチェンジのサギコロニー調査を実施しました。
参加者は28名。名城大学生が試験中のためほとんど参加できず、いつもより少人数となりました。
そんな中、試験中にもかかわらず1名の名城大学生が参加してくれました。(試験大丈夫かな。。)

毎回準備するおやつですが、7月は暑いため、塩アメや塩分の多いものを選びました。
安永餅は桑名から参加していただいている会員さんの差し入れです。毎回ありがたいです。
集合時間前に調査員が集まって小分けしてくれました。
IMG_2835.JPG

この日はテレビ局の取材がふたつ入りました。そのうちのひとつは名古屋テレビ。「UP!」という夕方の番組です。「あなたの幸せUP!」という1分程度のコーナーがあり、私が「何に幸せを感じますか」というテーマで取材されました。こちらは8月9日の夕方に放送されます。
もうひとつは「ダーウィンが来た」ロケ班。春から蟹江コロニーで密着取材を続けておられるのですが、この日はサギコロニー調査をしている調査員の様子を撮影に来られました。楽しい番組に仕上がること間違いなしです。秋ごろの放送予定だそうです。

サギの識別勉強会では6月に引き続いて、正面から飛来するサギの識別を動画を見ながら勉強しました。
正面から飛んでくるサギはクチバシの長さや足の長さを判別することが困難です。頭上を通過する瞬間をとらえて識別する難しさがあります。下の動画は正面から飛来するサギを撮った動画です。何サギか、識別にチャレンジしてみて下さい。


さて、7月29日調査では、蟹江インターチェンジの北東にある3階建てのビルの屋上に上がってインターチェンジの東側ループ内のサギ羽数をカウントしました。この東側ループは中に立ち入ることができず、どこの観察ポイントからも死角となっていたためこれまで正確な羽数をカウントすることができませんでした。
今回はビルの持ち主である株式会社ヘイセイ殿に屋上に上がる許可をいただいての調査でした。
調査に多大な協力をしていただき感謝しております。
下の写真はそのビル屋上からのサギコロニーの眺めです。
Y46A7430.JPG

ループ内にはあふれんばかりのサギがいました。その数1216羽。チュウサギが過半数を占めています。
飛来数は3256羽。やはりこの時期は北方から飛来する個体が多いです。あま市、愛西市、津島市あたりで採餌していると推測しています。

この羽数は昨年度よりわずかに少ないですがほぼ同数といっていいと思います。

懸念としてはループ内のコロニーが満杯となり、ねぐらとして高速道路の北側法面に飛来するサギがいることです。一般道に近いため車との接触が心配です。
またループ南側の樹林地ではゴイサギが3つがいほど営巣しているようです。
これまでループ外の南側での営巣はなかったため、今後のなりゆきに留意する必要があります。

次回8月26日は今年最後のサギカウント調査です。
巣立ちしたサギたちが群れで帰巣する様は壮観です。

日本野鳥の会愛知県支部 http://www.wbsj-aichi.org/
サギコロニー調査 http://herons-egrets.sakura.ne.jp/
ポートアイランドを野鳥の保護区にする活動 http://www.wbsj-aichi.org/port_island/page.html




posted by Ted at 22:33| Comment(0) | サギコロニー調査
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: