2017年08月16日

かにえエコきっず調査隊

8月8日(火)、愛知県海部郡蟹江町が主催する「かにえエコキッズ調査隊」が開催され、日本野鳥の会愛知県支部から佐久間、金澤、野澤の3名が講師を務めました。

エコきっず調査隊は、海部地域の各教育委員会が主催する「川」をテーマに活動する小学生のための環境学習グループです。各地域の川の水質を調べたり生き物を調べたりして川の環境と人とのつながりを学習します。蟹江町や津島市、弥富市など各地域でそれぞれが調査隊を結成して調査をした後、合同で調査結果の発表会を行っています。
0001.jpg0002.jpg

今回の蟹江町のエコキッズ調査隊では蟹江インターチェンジのサギコロニーをテーマにして、サギの生息する環境を学んでもらおう、というのが趣旨です。

予定では参加の小学生15人とともに大型バスに乗って蟹江インターチェンジのサギコロニーを観察したあと、蟹江インターチェンジすぐそばのビルの屋上からサギコロニーを観察することになっていました。ところが前日に台風が来て当日の朝まで影響が予想されたため、サギコロニーの観察は中止しました。その代わり公民館のホールでサギコロニーについての話やサギの動画を見て学んでもらいました。

まず佐久間が、冊子「高速道路がサギのすみかになったわけ」に基づき、サギがなぜ高速道路インターチェンジにコロニーを作るようになったのか、またその周辺の環境はどうなのかなど、丁寧に解説しました。特に村人たちが雨ごいをしたら白いサギに乗った仙人が現れて村に雨を降らせた、という伝説の話では皆、目を輝かせて聞いていました。
0001.jpg


次に野澤が動画でサギがエサを取る様子を解説しました。コサギが足をプルプルと振るわせてエサを取る様子やチュウサギがドジョウを食べる様子を見てもらいました。ゴイサギが昼間に活発に動いてえさを取る様子はあまり見ることのできない映像だったと思います。


そして最後に金澤が、蟹江インターチェンジ内のサギコロニーの様子を撮った動画を見せて、チュウサギの求愛や、ダイサギがエサをヒナに与える様子などを解説しました。非常に美しくかつ迫力のある映像で子供たちは夢中で見入っていたのが印象的でした。

以上で午前の部は終わって、午後からは子供たちが5人づつ3つの班に分かれて発表資料を作成しました。
蟹江町からその発表資料を送ってもらったので以下に公開します。
「サギと人とがともに生きる豊かな自然を守り育てます」とか、
「みんなで協力しあってサギがすめる環境を守り続けます」とか、
「昔からサギは良い鳥として昔話に登場している。サギは仙人や神様の使いとして昔話に登場している」など、思わずこちらの目頭が熱くなりそうなコメントが書いてあります。

3回サギ1班-1.jpg 3回サギ2班-1.jpg 3回サギ3班-1.jpg

子供たちはサギとコロニーのことを本当に良く理解してくれたようでうれしい限りです。










posted by Ted at 15:06| Comment(0) | お知らせ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: