2018年01月14日

ニシセグロカモメ(ホイグリンカモメ)について

藤前干潟周辺でウミネコより明らかに大きく、足の黄色いセグロカモメのような鳥を見かけることがあります。
「カモメ識別ハンドブック (氏原巨雄 氏原道昭)」を参考にすると、”ホイグリンカモメ”とするのが妥当かと思うことがよくありました。

しかし、鳥類目録第7版では、「ホイグリンカモメ」という種名を採用していません。
ビッグイヤー愛知2018ではカウント可能な野鳥の種類を鳥類目録第7版に準拠しています。
なので、もし今回のビッグイヤー愛知2018で、足の黄色いセグロカモメのような鳥がいた場合、判断に迷うと思います。

そこで判断の参考になるよう、日本で入手可能な図鑑を引用しながら説明します。

まず、「フィールドガイド日本の野鳥(日本野鳥の会)」は、鳥類目録第7版に準拠しています。よってホイグリンカモメ独立種としては記載がないですが、カッコ付きでニシセグロカモメと同等に扱われています。
318ページから引用。
ニシセグロカモメ Larus fuscus
「亜種ニシセグロカモメ(ホイグリンカモメ)L.f.heugliniが全国的に渡来するが、少ない。セグロカモメよりやや細身で、成鳥冬羽では足が橙色から黄色味をおびた肉色。背は灰色でウミネコほどの濃さ。翼先端部の黒色部と灰色部の間の白色部は目立たない。第1回冬羽では初列風切は一様に暗色で雨覆はセグロカモメより暗色部が多い。」

「GULLS OF EUROPE, ASIA AND NORTH AMERICA (KLAUS MALLING OLSEN)」では、ホイグリンカモメ Larus heugliniとニシセグロカモメ Larus fuscusは別種として扱われています。バルト海周辺で繁殖する個体群をニシセグロカモメLarus fuscus、ロシアの極北地帯で繁殖する個体群をホイグリンカモメLarus heugliniとしています。

「COLLLINS BIRD GUIDE 第2版」では、ホイグリンカモメ Larus fuscus heiglini はニシセグロカモメLarus fuscusの亜種として扱われていますが、”(種としての扱いは)さらに調査中である。”との記載があります。

「BIRDS OF EAST ASIA」では、ホイグリンカモメ Larus heuglini として、独立種として扱われています。
「カモメ識別ハンドブック (氏原巨雄 氏原道昭)」では前述のとおり独立種としています。

いずれにせよ、今回のビッグイヤー愛知2018では、鳥類目録第7版に従う、というルールにしていますので、ホイグリンカモメという名前ではカウントできません。ニシセグロカモメの可能性を検討して下さい。

ニシセグロカモメの可能性を検討する際には、どの図鑑であってもホイグリンカモメの項目と照合していただいてかまいません。なぜならホイグリンカモメ heugliniを独立種と扱おうがニシセグロカモメLarus fuscusの亜種と扱おうが、少なくともホイグリンカモメと識別される範疇に入っていれば、鳥類目録第7版でいうところのニシセグロカモメLarus fuscusの範疇に入っているからです。ですから、例えば氏原巨雄・氏原道昭氏の「カモメ識別ハンドブック」のホイグリンカモメを参考に識別してホイグリンカモメである、と判断できれば、ビッグイヤー愛知2018ではニシセグロカモメとしてカウント出来ることになります。

次に、識別に際しての注意点です。
セグロカモメとニシセグロカモメの違いは単に足の色だけではありません。どの図鑑を参照してもニシセグロカモメの背の色はウミネコに近い色をしています。これは氏原氏「カモメ識別ハンドブック」28ページ、70ページが大変参考になります。もしビッグイヤー愛知2018に参加している方でこの「カモメ識別ハンドブック」を未入手の方は入手することを強くお勧めします。

なお、鳥類目録第7版には、キアシセグロカモメ Larus cachinnans というのも載っています。これは前述「カモメ識別ハンドブック」のモンゴルセグロカモメに相当すると思われます。こちらはそれほど足の色は黄色くありません。「カモメ識別ハンドブック」では”足は黄色いものもいるが、淡いピンク色か肉色の個体が多い”と記載されています。GULLS OF EUROPE, ASIA AND NORTH AMERICA のイラストを見ても足の色は淡いピンク色です。こうなるとキアシセグロカモメという和名は大変ややこしいです。モンゴルセグロカモメかと思われる個体を撮影したら「カモメ識別ハンドブック」や「GULLS OF EUROPE, ASIA AND NORTH AMERICA」を参考にして慎重に検討し判断して下さい。そして確信が持てたら、キアシセグロカモメ、とカウントして下さい。(よほど識別に自信がないと難しいと思います。)

これらセグロカモメ群の分類について詳しく知りたい方は、文一総合出版の「日本の野鳥550水辺の鳥 増補改訂版」に4ページに渡って詳述されていますので参考にして下さい。愛知県支部の事務所に蔵書があります。

ではビッグイヤー愛知2018の参加者の皆様のご健闘を祈ります!









posted by Ted at 21:42| Comment(0) | その他
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: