2018年07月02日

蟹江ICサギコロニー カウント調査結果速報

2018年6月30日、予定どおり蟹江サギコロニーのカウント調査を実施しました。参加者は41名で、そのうち小学生2名、中学生1名、高校生1名、大学生9名という内訳です。最近の調査参加者はかなり平均年齢が若くなってきた印象があり、うれしい限りです。

今回もお菓子の買い出しは支部会員で野鳥調査員のYさんにお願いしました。低予算で見事な品揃えをして下さいました。クロワッサンの差し入れは三重県から参加のAさんにいただきました。すごく美味しかったです。
IMG_2311.jpg

今回は識別勉強会の前に「稲沢市矢合町サギコロニー伐採と分散」の話をしました。人とサギコロニーとの共存の難しさを考えさせられる事案です。

次に「名古屋港ポートアイランドの最新動向」について話をしました。名古屋商工会議所がポートアイランドの産業利用に向けた提言書を今年3月に公表したことをうけ、我々保護団体はポートアイランドを野鳥保護区として保全しよう、そのための提言書を作成していこう、という内容です。

http://www.wbsj-aichi.org/port_island/page.html
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%88%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89_(%E6%84%9B%E7%9F%A5%E7%9C%8C)

その後、サギ識別動画による識別勉強会では、2つのサギ飛翔動画を並列に並べて同時に識別するという試みをしました。かなり難しかったようです。動画編集も膨大な時間がかかってしまったので、次回はどうするかまた考えます。参考に動画のキャプチャー写真を添付します。こんな感じで2つの動画を並べて、羽ばたき速度の違いを比較して識別してもらいました。
何サギかわかりますか?
図1.jpg

図2.jpg

図3.jpg

蟹江インターループ内には6名の調査員が入ってカウント、ループ内から死角になるところは株式会社ヘイセイさんの御協力のもと、ビルの屋上に上らせていただいてカウントしました。

IMG_2313.jpg

今年はループ内がすでにオーバーフロー気味で、一般道側の樹林帯での営巣が始まっています。
速報値ですがトータル羽数は4272羽となり、昨年6月の3738羽を500羽以上も上回る羽数となりました。6月時点で4000羽を越えたのは2011年の調査開始以来、今回が初めてです。

7月〜8月のカウント調査ではもしかすると過去最高羽数となるかもしれません。
ハードな一日となりそうです。

日本野鳥の会愛知県支部HP http://www.wbsj-aichi.org/
サギコロニー調査HP http://herons-egrets.sakura.ne.jp/













posted by Ted at 05:22| Comment(0) | サギコロニー調査
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。