2020年03月01日

精密コアジサシデコイの修理

先日、愛知県支部の役員の方から、「今度、イベントで展示するコアジサシデコイの修理をしてほしい。」との依頼を受けました。

届いた箱をあけるとイメージしていたデコイとはまるで違って、すごく精密な作品でした。
明らかに職人さんによる手作り品です。
IMG_0654.jpg

くちばしの先端が折れていますので、ここを修理します。
先端の薄い部分が欠けているので、普通にパテを盛っただけではすぐに取れてしまいます。
修理にはテクニックが必要です。
IMG_0660.jpg

よく見ると尾羽の先端も折れていました。これはモデラーとして黙って見過ごす訳にはいきませんね。(笑)
ここも修理することにしました。
IMG_0659.jpg


まず、くちばしの先端をヤスリで削ってたいらにします。
IMG_0667.jpg

次に、たいらにしたクチバシの先端にドリルで直径1ミリの穴をあけます。補強の鉄芯を入れるためです。
ドリルをチャックしているピンバイスはかれこれ30年以上使っている愛用品です。
IMG_0674.jpg

穴をあけたら、その穴に鉄芯を入れて瞬間接着剤で固定します。鉄芯はクリップをカットして作りました。
IMG_0682.jpg

次にくちばしの先端となる材料をプラモデルのランナーから切り出して、同様にドリルで穴を開けます。
IMG_0684.jpg

そしたら次は穴を開けたクチバシの先端材を、クチバシに差し込んだ鉄心に差し込み、瞬間接着剤で固定します。鉄心を入れることで強度が各段にアップします。またプラモデルの端材はポリスチレンで出来ているので、デコイの母材よりも強度があります。
IMG_0689.jpg

この状態では、差し込んだクチバシ先端材ともともとのクチバシとの間に段差が出来ているので、エポキシパテを使って段差を埋めます。色の違う2種類の材料を混ぜ合わせると30分くらいで固まり始めて2〜3時間で硬化します。
IMG_0690.jpg

尾羽にもパテを盛ってみました。
IMG_0704.jpg

そして、一晩おいて、パテが完全に硬化するのを待ちます。

で、翌日の朝から作業開始! クチバシの形をカッターナイフとヤスリで整えていきます。
この作業がデコイ修理の核心部分であり、完成品の出来栄えを左右します。
IMG_0695.jpg

最終調整として、前後左右のバランスを見ながらペーパーで形を慎重に整えていきます。
IMG_0696.jpg

ひたすら削ること約4時間、ようやくクチバシの形が整い、先端は「トキントキン (名古屋弁)」になりました。(笑)。
シャープという意味です。
IMG_0700.jpg

次は、尾羽です。尾羽もクチバシ同様に、カッターナイフとヤスリで形を整えていきます。
IMG_0706.jpg

最後にアクリル溶剤系塗料「Mr.カラー」で色を塗って完成です。
これなら展示会に出展しても全く問題ないレベルでしょう。
IMG_0716.jpg

尾羽部分
IMG_0713.jpg

ツイッターコアジサシ&コアジサシ三等陸曹と記念写真。
IMG_0720 (2).jpg

これで、このコアジサシデコイを展示会で展示できるようになりました。
何の展示会かは現時点で言えませんが、後日、ホームページでも紹介させていただく予定です。
どうぞお楽しみに!

日本野鳥の会愛知県支部
副支部長 野澤徹也

<参考>
参考までに、過去にデコイ製作関連で書いたブログ記事のリンクを貼っておきます。
興味あったら御笑覧ください。

シャア専用デコイ

紅の豚

ウルトラマン

コアジサシ三等陸曹

ツイッターコアジサシ(コンテスト)








posted by Ted at 14:59| Comment(0) | コアジサシ保護
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。