2021年09月11日

鳥とクラシック音楽その2

「おうちでバードウォッチング」シリーズのひとつとして、曲の中に鳥が登場したり、題名に鳥の名前がついているクラシック音楽を紹介します。全部、YouTubeで聴くことができます。

曲名に鳥の名前が付いていればネットで検索もしやすいですが、そうでないと検索にひっかかりませんね。そんなわけで今回は、「鳥とクラシック音楽 その2」として、曲名に鳥の名前が付いていないクラシックの名曲をご紹介します。


@ワーグナー作曲 楽劇『ジークフリート』から「森のささやき」
ワーグナーは楽劇『ニーベルングの指輪』という4部作の楽劇を作りましたが、この曲はそのうちの楽劇『ジークフリート』のなかに出てくる曲です。
フルート、クラリネット、オーボエが鳥の鳴き声を表現しています。
Yutubeのリンクはこちら 3:25 くらいから。
「森のささやき」



Aファリャ作曲 バレエ音楽『三角帽子』
カッコウはヨーロッパでも一般的な鳥のようです。
鳴き声を楽器で模写しやすいためか、カッコウの鳴き声はクラシック音楽にもよく登場しますね。
ファリャ『三角帽子』では、第2部の途中でメゾソプラノによって歌われます。
「♪ 夜、カッコウが鳴く
所帯持ちに、掛け金をしっかりしなさいと警告しながら
なぜなら、野盗は眠っていないから!
夜 カッコウが鳴く
カッコウ カッコウ カッコウ ♪」

曲冒頭のティンパニがカッコいいです。その後に続く「オレ!オレ!オレ!」の掛け声はバイオリンとビオラの人たちが楽器を置いて「オレ!オレ!オレ!」と言いながら手拍子をします。ずっと以前に名古屋フィルハーモニー管弦楽団の演奏を聞いたときは感動しました。
YouTubeのリンクはこちら 22:30くらいからメゾソプラノが歌います。
『三角帽子』

『三角帽子』バレエ版 25:00くらいに歌います。


Bプロコフィエフ作曲『ピーターと狼』
ロシアの作曲家プロコフィエフが子供向けに作った曲です。オーケストラの楽器を紹介しながらナレーション付きで演奏されます。
曲のなかでは「小鳥」と「アヒル」が登場します。
「小鳥」ってなんだそれ、名前くらい付けてくれよ、と野鳥の会的には思わずツッコミをいれたくなりますね。(笑)たぶんプロコフィエフは鳥にあまり興味なく、小さな鳥は全部「小鳥」だったのでしょうか。
Youtubeのリンクはこちら 4:00くらいから「小鳥」 6:00くらいから「アヒル」
『ピーターと狼』



Cサン=サーンンス『動物の謝肉祭』
フランスの作曲家サン=サーンスの曲です。ナレーション付きで、いろんな鳥が登場します。
「雌鶏と雄鶏」ではニワトリ、「森の奥のカッコウ」では、カッコウ、「大きな鳥籠」では、たぶんヒバリ、「白鳥」では鳴き声というよりは、白鳥が湖で泳ぐ様子をチェロが表現します。超有名なので聞けば知らない人はいないでしょう。
この「白鳥」はバレエ「瀕死の白鳥」として振り付けもされています。
 「雌鶏と雄鶏」 2:41くらいから
 「森の奥のカッコウ」 12:28くらいから
 「大きな鳥籠」 14:55くらいから
 「白鳥」 20:10くらいから
Youtubeのリンクはこちら

バレエ『瀕死の白鳥』 草刈民代さんの美しすぎる「瀕死の白鳥」!
YouTubeのリンクはこちら


Dストラビンスキー バレエ音楽『火の鳥』
こちらはロシアの作曲家ストラビンスキーの有名曲です。
バレエのなかに登場する火の鳥は、赤い衣装を身に着けて、まるでファンタジーの世界にいるかのように踊ります。そして、ふと気づくと王子様に捕まえられて。。。というストーリー。
バレエの全曲版は、ゲルギエフ指揮のDVDが日本では入手可能です。
YouTubeリンクはこちら




EL. ハイドン作曲『おもちゃの交響曲』
(作曲者については諸説あります)
聞いたら、ああ、これ知ってる! という曲です。
たくさんのおもちゃの楽器がオーケストラと共演します。
その中でもやはり目立つのは、カッコウ!カッコウ!と鳴くおもちゃの笛です。
お勧めの映像では、インド人指揮者のズービン・メータが棒を振っています。
YouTubeのリンクはこちら
(指揮者のズービン・メータさんは、3.11の震災直後、多くの海外演奏家が演奏をキャンセルして帰国するなかで、NHK交響楽団によるチャリティー演奏会でベートーベン第9交響曲を指揮、多くの感動を日本人に与えてくれました。ホント涙物の演奏でした。)

Fロッシーニ作曲『ウィリアムテル序曲』
イタリアのオペラ作曲家ロッシーニの有名曲。
夜明け〜嵐〜牧歌〜スイス軍の行進、の4つに分かれていて、3つめ「牧歌」にフルートで鳥が美しくさえずります。っていうか、これは僕が勝手に鳥のさえずりと思い込んでるだけかもしれません。イングリッシュホルンを吹く牧童と、その周りと飛び回るフルートの小鳥、そんなイメージです。4つ目の「スイス軍の行進」は知らない人はいないほどの超有名曲。暗い気分のときはこの曲を聞いて楽しい気分になりましょう。
「牧歌」は 6:00くらいから
YouTubeのリンクはこちら


Gムソルグスキー作曲 組曲『展覧会の絵』から、「卵の殻をつけたヒナの踊り」
ロシアの作曲家ムソルグスキーの代表曲です。「卵の殻をつけたヒナの踊り」はその中の1曲。原曲はピアノ曲ですが、フランスの作曲家ラベルがオーケストラ版に編曲しました。
YouTubeのリンクはこちら

冨田勲のシンセサイザー編曲版では、ヒヨコがピヨピヨ鳴いたり、親ドリがクワッツクワッと鳴いて楽しいです。
YouTubeリンクはこちら


今回は、以上です。
気に入った曲がありましたら、ぜひ全曲を通して聞いてみましょう。
いろんな発見があると思いますよ。

過去のブログ:
鳥とクラシック その1


日本野鳥の会愛知県支部 
「おうちでバードウィッチング」スタッフ一同。


posted by Ted at 09:18| Comment(0) | その他
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。