2017年12月17日

今年の思い出のイベント

今年も残りあとわずかとなりました。

今年1月1日から公開した愛知県支部の新ホームページはおかげさまでご好評をいただきました。
すばらしい写真を提供していただいた支部会員の中村廣治さんをはじめ、大勢の方々に感謝いたします。

さて、今年1年をホームページに使用した写真で振り返ってみたいと思います。
まず今年一番最初のホームページのトップ写真は「岩藤新池探鳥会」をお知らせするカワセミの写真でした。
IMG_2566_nakamura940x450-2.jpg

この印象的な写真のおかげでしょうか、探鳥会には予想を大幅に上回る90名以上の方々に参加していただきました。

次はビッグイヤー愛知2017の開催をお知らせする写真です。メジロがアケビの実を食べる姿が非常に美しいです。
IMG_2867_nakamura940x450-3.jpg
ビッグイヤー愛知2017は4月1日から9月30日の競技期間で180種類もの野鳥写真が撮影されるという予想を大幅に上回る結果に驚かされました。(フォトクラス優勝:愛知県支部 中山雅晴さん)

5月は恒例のセントラルパーク写真展を開催しました。
kanban-3.jpg

セントラルパーク野鳥観察会もバードウィークの恒例行事です。名城公園からセントラルパークまでを歩いて野鳥観察するという街中バードウォッチングです。
IMG_5594_nakamura940x450-1.jpg

写真展に合わせて若手写真家の菅原貴徳氏をお迎えして講演会を開催しました。
150302_IMG_50D6373_sugawara940x450-2.jpg
月刊誌「BIRDER」に連載中の記事の話や、ミラーレスカメラでの写真撮影方法など興味深い話が盛りだくさんで楽しい講演会となりました。

また2011年から実施している蟹江・弥富インターチェンジサギコロニー調査は今年で7年目となりました。
IMG_2500_nakamura_940x450-1.jpg
今年は弥富インターチェンジのコロニーが消滅し、その分蟹江インターチェンジがオーバーフローするという結果になりました。来年はサギと人とがどうやって共存するのかをネクスコ中日本に提言するため愛知県支部で現在検討中です。

7月のツバメのねぐら入り観察会には本部からの案内の効果もあり非常にたくさんの参加者がありました。
IMG_2748.jpg_nakamura940x450-1.jpg



今年はいくつかの初の試みを実施しました。そのひとつが「学生による学生のためのバードウォッチング」です。愛知県支部の若手のホープ、西村さんが企画しました。
IMG_2596-2_nakamura940x450-3.jpg
第1部は藤前干潟で観察会、引き続いて第2部は夕方から緑区の螺貝池でツバメのねぐら入りを観察するというダブルヘッダーの探鳥会でした。若者ならではの発想ですね。

9月には「学生による学生のためのバードウォッチング」第2弾を平和公園で開催しました。
Y46A7374_murakami940x450-1.jpg
通常、探鳥会は午前中にスタートして昼頃に終了というパターンがほとんどですが、「学生による学生のためのバードウォッチング」は午後スタート、夕方解散というパターンでこれは従来にない発送でユニークな試みでした。

一般の初心者を対象にした探鳥会も実施しました。そのひとつが初心者向け藤前干潟探鳥会です。
IMG_2267_nakamura940x450-1.jpg
通常の探鳥会と合わせてグループ分けして初心者向け探鳥会を実施するという試みでした。名城公園でも同様に実施し、大勢の初心者の方に参加していただきました。


NHKの「ダーウィンが来た!」では蟹江インターチェンジのサギコロニー特集が放送されたので大勢の方が御覧になったのではと思います。
dawin.jpg
放送後しばらくの間、どこに行ってもこの話題で持ち切りでした。特に放送中のシーンに登場した支部会員のサギ調査員はあちらこちらで声をかけられたそうです。この番組の影響力に驚かされます。また愛知県支部の留守番電話に「皆様の保護活動に感動して涙が出ました」という匿名の女性からの声が録音されていました。すごくうれしい話ですね。

秋の写真展は庄内緑地で開催されました。
DSC07087_murakami940x450-1.jpg

秋の写真展と合わせて初心者向け野鳥講座も開催され好評を博しました。
benimashiko_murakami940x450-2.jpg

11月には「チュウヒサミット2017」を日本野鳥の会三重、名古屋鳥類調査会との合同で開催しました。
IMG_2700_ nakamura940x450-5.jpg
日本のチュウヒ繁殖地はメガソーラー発電などの開発で次々と消滅しています。今回はその危機感を皆で共有するサミットとなり今後の活動の活性化に弾みがつきました。

この他に宿泊探鳥会、定例探鳥会、平日探鳥会、その他探鳥会、室内例会などさまざまな活動があり、大勢の方々に参加していただきました。

以上、今年実施した数々のイベントを紹介しました。
こうして改めて振り返ると愛知県支部では実に様々なイベントを実施して多くの人に楽しんでいただいたのだな、と思います。

さて今年1年の振り返りはこのくらいにして、ここでひとつお願いがあります。

ここで紹介した探鳥会や写真展、保護活動などのイベントはほとんどが愛知県支部会員の会費で成り立っています。

もし非会員の方で来年も継続的に支部の探鳥会その他イベントに参加して下さる方は、日本野鳥の会愛知県支部に入会して支部会員になっていただけないでしょうか。
あなたの会費が愛知県支部の運営の助けになり、野鳥を愛する人たちを増やす助けになり、さらには野鳥保護の助けとなります。あなたの会費によりさらに多くのイベントを企画するチャンスが広がりあなた自身の楽しみの拡大にもつながります。

来年は愛知県支部創立80周年という記念の年でもあります。
「女子探鳥会」や「ビッグイヤー愛知2018」などの支部会員限定のイベントもいくつか企画されています。ぜひ支部会員としてこれらのイベントを楽しんでいただくとともに、愛知県最大の自然保護団体として行政に物申すことのできる団体の一員として活動して下さい。

入会案内は「会員になるには」をクリックして下さい。入会方法の詳細が書かれています。

会員になるには

入会手続きが難しいと思われる方は遠慮なく支部事務所に電話下さい。
入会方法をご案内させていただいております。
(電話:052−912−9531 月・水・土 午前10時〜午後15時)
メールは、front@wbsj-aichi.org

あなたの御入会を愛知県支部は心からお待ちしております! 

日本野鳥の会愛知県支部





















posted by Ted at 19:22| Comment(0) | お知らせ

2017年10月01日

ビッグイヤー愛知2017 終了

写真撮影した野鳥の数、または見るか聞くかした野鳥の数を競う「ビッグイヤー愛知2017」が9月30日に終了しました。
http://www.wbsj-aichi.org/events/bigyear/page.html

来年の本格開催に先立ってプレ開催をした今年の「ビッグイヤー愛知2017」ですが、参加者の皆様、どうもお疲れさまでした!
フリー部門、フォト部門ともに競技結果を10月15日までに下記メールアドレスに送って下さい。

bigyear.aichi@gmail.com

さあ「ビッグイヤー愛知2017」の称号を手にするのは誰でしょうか。
結果集計が待ち遠しいですね。

この「ビッグイヤー愛知」は米国で毎年行われている「ビッグイヤー」にヒントを得たものです。
北米のビッグイヤーでは、参加者は1月1日から12月31日までの丸1年間をかけて、全米を飛行機で飛び回り、車で走り回り、時にはヘリコプターをチャーターしてまで野鳥を追いかけて見た野鳥の数を競います。判定は自己申告制です。
実話に基づいたノンフィクション本が日本でも出版されています。すごく楽しめる本です。
bigyear_x193.jpg

また、「ビッグボーイズ 幸せの鳥を探して」という映画にもなりました。ジャック・ブラック、オーウェン・ウィルソン、スティーブ・マーティンらが出演しています。こちらもお勧めです。
bigyearDVD_x193.jpg

今年はプレ開催ということで4月1日から9月30日までの半年開催としました。そのせいで、4月1日のスタート時は残存冬鳥を追いかけるためにかなりハードな4月となりました。9月も秋の渡り鳥をゲットするためにかなりあちこち走り回ったのではないでしょうか。

来年2018年の本格開催では、1月1日から12月31日までの1年間とする予定です。

日本野鳥の会愛知県支部の会員であればどなたでも参加可能です。

興味あるかたはこの機会にご入会下さい。
http://www.wbsj-aichi.org/recruite.html

それでは皆様、来年1月1日のスタートダッシュに向けて準備よろしくお願いします!

日本野鳥の会愛知県支部 http://www.wbsj-aichi.org/
ビッグイヤー愛知2017 http://www.wbsj-aichi.org/events/bigyear/page.html



posted by Ted at 19:57| Comment(0) | お知らせ

2017年08月16日

かにえエコきっず調査隊

8月8日(火)、愛知県海部郡蟹江町が主催する「かにえエコキッズ調査隊」が開催され、日本野鳥の会愛知県支部から佐久間、金澤、野澤の3名が講師を務めました。

エコきっず調査隊は、海部地域の各教育委員会が主催する「川」をテーマに活動する小学生のための環境学習グループです。各地域の川の水質を調べたり生き物を調べたりして川の環境と人とのつながりを学習します。蟹江町や津島市、弥富市など各地域でそれぞれが調査隊を結成して調査をした後、合同で調査結果の発表会を行っています。
0001.jpg0002.jpg

今回の蟹江町のエコキッズ調査隊では蟹江インターチェンジのサギコロニーをテーマにして、サギの生息する環境を学んでもらおう、というのが趣旨です。

予定では参加の小学生15人とともに大型バスに乗って蟹江インターチェンジのサギコロニーを観察したあと、蟹江インターチェンジすぐそばのビルの屋上からサギコロニーを観察することになっていました。ところが前日に台風が来て当日の朝まで影響が予想されたため、サギコロニーの観察は中止しました。その代わり公民館のホールでサギコロニーについての話やサギの動画を見て学んでもらいました。

まず佐久間が、冊子「高速道路がサギのすみかになったわけ」に基づき、サギがなぜ高速道路インターチェンジにコロニーを作るようになったのか、またその周辺の環境はどうなのかなど、丁寧に解説しました。特に村人たちが雨ごいをしたら白いサギに乗った仙人が現れて村に雨を降らせた、という伝説の話では皆、目を輝かせて聞いていました。
0001.jpg


次に野澤が動画でサギがエサを取る様子を解説しました。コサギが足をプルプルと振るわせてエサを取る様子やチュウサギがドジョウを食べる様子を見てもらいました。ゴイサギが昼間に活発に動いてえさを取る様子はあまり見ることのできない映像だったと思います。


そして最後に金澤が、蟹江インターチェンジ内のサギコロニーの様子を撮った動画を見せて、チュウサギの求愛や、ダイサギがエサをヒナに与える様子などを解説しました。非常に美しくかつ迫力のある映像で子供たちは夢中で見入っていたのが印象的でした。

以上で午前の部は終わって、午後からは子供たちが5人づつ3つの班に分かれて発表資料を作成しました。
蟹江町からその発表資料を送ってもらったので以下に公開します。
「サギと人とがともに生きる豊かな自然を守り育てます」とか、
「みんなで協力しあってサギがすめる環境を守り続けます」とか、
「昔からサギは良い鳥として昔話に登場している。サギは仙人や神様の使いとして昔話に登場している」など、思わずこちらの目頭が熱くなりそうなコメントが書いてあります。

3回サギ1班-1.jpg 3回サギ2班-1.jpg 3回サギ3班-1.jpg

子供たちはサギとコロニーのことを本当に良く理解してくれたようでうれしい限りです。










posted by Ted at 15:06| Comment(0) | お知らせ