2020年07月11日

コアジサシ音声発生装置プロジェクト

近年愛知県で生息数が激減した絶滅危惧種コアジサシ。

そのコアジサシ保護活動のため、愛知県支部は2017年秋に日野自動車グリーンファンドからの助成金を得て、2018年初冬に金型による量産型コアジサシデコイを完成しました。色塗りイベントでデコイに色を塗り、出光興産愛知製油所のご協力を得て、2018年夏と2019年夏にはその敷地内にデコイを設置しコロニー誘致活動を実施。しかし残念ながら成功には至りませんでした。

量産型コアジサシデコイ(金型による成型品 未塗装品)
122-0.jfif

2018年3月コアジサシ色塗りイベントの様子 @なごや生物多様性センター
IMG_1278.jpg

2019年3月コアジサシ色塗りイベントの様子 @なごや生物多様性センター
tomy.jpg

色塗りイベントで塗装したコアジサシデコイ
painted.jpg

コアジサシコロニー誘致に際しては、録音したコアジサシの声をデコイ設置場所で流すと誘因効果が高まることが知られています。

そこで次のステップとしてソーラーパネル付きの「コアジサシ音声発生装置」を作ることになりました。ソーラーパネルで発電してMP3プレーヤーに入れたコアジサシの音声をアンプで増幅してスピーカーで鳴らす、というものです。
そのための助成金申請書作りをスタート。様々な人からのアドバイスを受けて、2020年1月11日助成金を申請しました。

助成金が決定するのは3月。それまでの約2か月間、助成金をもらえる前提で先行して進めることにしました。

まずシステムの基礎となるソーラーパネル、バッテリーの仕様を決定。
マイコンとMP3プレーヤーのプログラミングは支部役員でIAMAS出身のTさんが作成してくれました。
光センサーが光を検知すると音声の電源ONとなり暗くなると音声電源OFFとなる仕組みです。

MP3プレーヤーとマイコン「arduino uno」、光センサー
arduinoMP3.JPG

そして2020年3月2日、待望の助成金授与決定のお知らせ! 

ところがその頃から新型コロナで活動自粛ムードとなり、コアジサシデコイ色塗りイベントとデコイ設置の中止が決定、「コアジサシ音声発生装置」による今シーズンのコロニー誘致は断念となりました。

愛知県支部ステイホーム呼びかけのホームページバナー
toppage_stayhome940x450_2020.4.30_.jpg

5月下旬、緊急事態宣言の解除が近づき、今年断念でも来年に向けての活動再開を決定。
ソーラーパネル、バッテリーその他一式を発注、初回の作業を5月23日(土)に弥富野鳥園て行いました。

初回作業の目標はソーラーパネル、バッテリー、充放電コントローラー、アンプ、MP3プレーヤーの配線方法を確認することです。
コロナ自粛の関係もあり、ここまで具体的な配線方法についてはほぼ未検討でした。

仮組み立ての様子
IMG_1212.jpg

この日の作業で必要な配線コネクタ類を確認、後日発注をしました。

そして第2回目を6月6日(土)に弥富野鳥園にて実施。

新たに購入したコネクタ類でソーラーパネルとバッテリー、充放電コントローラーを接続し、さらにマイコンとアンプ、スピーカーをつないで、配線完了。
2020.6.6-battery.jpg

支部長、Hさん、Yさん、MJさん
2020.6.6-11.23am.jpg


さあ、スピーカーをならずぞ、天まで届け、コアジサシの声! とばかりに電源を投入。

「あれ。。鳴らない。。。」スピーカーは鳴りませんでした。
配線がどこか間違っていたようです。
IMG_1610.jpg

そこでこの日はいったん終了。配線方法をしっかりと確認することにしました。

メンバーで調べたところ、アンプをON-OFFするリモート端子が未配線、さらにMP3プレーヤーからアンプに出力する端子の誤配線が判明。取説を精読して皆で正しい配線方法を見出しました。

第3回目を6月20日(土)に弥富野鳥園にて実施。実施に先立って支部長から配線図の清書版が送られてきました。分かりやすく描かれており、遊び心も入っている配線図です。

配線図(支部長清書版)
配線図niinii.JPG

今回から電気に詳しい役員のMさんにも加わっていただき、MさんとNは配線作業。
2020.6.20-haisen.jpg

支部長および他のメンバーはソーラーパネルの取付台の製作。こちらも支部長の設計によるものです。スチールパイプの表面にプラスチックをコーティングした「イレクターパイプ」というDIY用パイプを用いています。

支部長、Yさん、MJさん
2020.6.20kumitate1.jpg

2020.6.20kumitate-2.jpg

配線のほうはMさんのおかげで滞りなく終了。スピーカーを2階のベランダに置いていよいよ電源投入となりました。

「電源ON!」
「キュリ、キュリ、キュリ、キュリ、キュリ(コアジサシの鳴き声)」

おおお、やったぁ、大成功! とうとうスピーカーからコアジサシの音声を流すことができました。
kore.jpg

さてソーラーパネル取付台のほうも楽しく作業して1台が完成。
大きな達成感を感じつつ、この日の作業を終了しました。
solarpanel.jpg



少し気になったことはコアジサシの音声データの音質でした。スピーカーから流すとやや割れたような音なのでこの音で本当にコアジサシが誘因できるのだろうか。

そこで野鳥の音声録音の第一人者である松田道生さんに支部長からコンタクトしてもらったところ、なんと松田道生さんからコアジサシ音声データを提供していただけることに。しかもWAVファイルの高音質データです。ご縁に感謝です。

そして実際にコアジサシコロニーでこのシステムからコアジサシの音声を流してコアジサシがどんな反応を示すかテストをすることになりました。

7月5日(日)、県内のコアジサシコロニーに7名のメンバーが集合してテストを実施。
結果は誘因効果あり、となりました。

コアジサシコロニーでの誘因効果テスト
2020.7.5colonytest.jpg


同じ7月5日(日)、弥富野鳥園では支部長以下、別メンバーが集合して残る2台分のソーラーパネル取付台の製作。
kumitate.jpg

niiniipanerl2020.7.05.jpg



コアジサシコロニーでテストに参加したMさん、H君とNが昼すぎから弥富野鳥園に合流、ソーラーパネルとつないで最終完成形を目指します。
Image-1.jpg

2台のパネル取付台完成後、2階ベランダに合計3台のソーラーパネルを並べて、防水BOXにバッテリーと制御機器を格納し配線しました。
boxinbattery.jpg

そしてコアジサシ音声を流してみました。
haisen2020.7.05.jpg


結果は大成功! みんなで万歳となりました。
banzai2020.7.05.jpg

これでコアジサシ音声発生装置としては完成です。
電源のない屋外に放置してソーラーパネルで発電しながらコアジサシの音声を鳴らし続けることができます。

今後は来シーズンに向けて屋外で耐久性テストを行い、来シーズンはコアジサシコロニーを誘致して安全に子育てできる環境を整えてあげたいと思っています。

来年の皆様のご参加をお待ちしております!

日本野鳥の会愛知県支部
http://www.wbsj-aichi.org/




























posted by Ted at 15:57| Comment(0) | コアジサシ保護

2020年03月01日

精密コアジサシデコイの修理

先日、愛知県支部の役員の方から、「今度、イベントで展示するコアジサシデコイの修理をしてほしい。」との依頼を受けました。

届いた箱をあけるとイメージしていたデコイとはまるで違って、すごく精密な作品でした。
明らかに職人さんによる手作り品です。
IMG_0654.jpg

くちばしの先端が折れていますので、ここを修理します。
先端の薄い部分が欠けているので、普通にパテを盛っただけではすぐに取れてしまいます。
修理にはテクニックが必要です。
IMG_0660.jpg

よく見ると尾羽の先端も折れていました。これはモデラーとして黙って見過ごす訳にはいきませんね。(笑)
ここも修理することにしました。
IMG_0659.jpg


まず、くちばしの先端をヤスリで削ってたいらにします。
IMG_0667.jpg

次に、たいらにしたクチバシの先端にドリルで直径1ミリの穴をあけます。補強の鉄芯を入れるためです。
ドリルをチャックしているピンバイスはかれこれ30年以上使っている愛用品です。
IMG_0674.jpg

穴をあけたら、その穴に鉄芯を入れて瞬間接着剤で固定します。鉄芯はクリップをカットして作りました。
IMG_0682.jpg

次にくちばしの先端となる材料をプラモデルのランナーから切り出して、同様にドリルで穴を開けます。
IMG_0684.jpg

そしたら次は穴を開けたクチバシの先端材を、クチバシに差し込んだ鉄心に差し込み、瞬間接着剤で固定します。鉄心を入れることで強度が各段にアップします。またプラモデルの端材はポリスチレンで出来ているので、デコイの母材よりも強度があります。
IMG_0689.jpg

この状態では、差し込んだクチバシ先端材ともともとのクチバシとの間に段差が出来ているので、エポキシパテを使って段差を埋めます。色の違う2種類の材料を混ぜ合わせると30分くらいで固まり始めて2〜3時間で硬化します。
IMG_0690.jpg

尾羽にもパテを盛ってみました。
IMG_0704.jpg

そして、一晩おいて、パテが完全に硬化するのを待ちます。

で、翌日の朝から作業開始! クチバシの形をカッターナイフとヤスリで整えていきます。
この作業がデコイ修理の核心部分であり、完成品の出来栄えを左右します。
IMG_0695.jpg

最終調整として、前後左右のバランスを見ながらペーパーで形を慎重に整えていきます。
IMG_0696.jpg

ひたすら削ること約4時間、ようやくクチバシの形が整い、先端は「トキントキン (名古屋弁)」になりました。(笑)。
シャープという意味です。
IMG_0700.jpg

次は、尾羽です。尾羽もクチバシ同様に、カッターナイフとヤスリで形を整えていきます。
IMG_0706.jpg

最後にアクリル溶剤系塗料「Mr.カラー」で色を塗って完成です。
これなら展示会に出展しても全く問題ないレベルでしょう。
IMG_0716.jpg

尾羽部分
IMG_0713.jpg

ツイッターコアジサシ&コアジサシ三等陸曹と記念写真。
IMG_0720 (2).jpg

これで、このコアジサシデコイを展示会で展示できるようになりました。
何の展示会かは現時点で言えませんが、後日、ホームページでも紹介させていただく予定です。
どうぞお楽しみに!

日本野鳥の会愛知県支部
副支部長 野澤徹也

<参考>
参考までに、過去にデコイ製作関連で書いたブログ記事のリンクを貼っておきます。
興味あったら御笑覧ください。

シャア専用デコイ

紅の豚

ウルトラマン

コアジサシ三等陸曹

ツイッターコアジサシ(コンテスト)








posted by Ted at 14:59| Comment(0) | コアジサシ保護

2019年08月04日

こあじさしデコイでアート2019結果発表

コアジサシデコイを使ってオリジナルのデコイを作るコンテスト、
こあじさしデコイでアート2019」の作品を発表します!

今年は日本各地から素晴らしい作品が集まりました。

最初に紹介するのは、山形県のTさん御家族の作品3点です。

T.しなつちゃん(3才)「カワセミ」
田崎しなつ.jpg
青と緑と赤を使って大胆なタッチでカワセミに仕上げました。
背中の青い感じはまさにカワセミの雰囲気ですね。
川に置いたら本物のカワセミが求愛給餌をしそうです。(笑)
しなつちゃんに拍手!!

T.さえ様「バカンス娘アジサシ」

バカンス娘アジサシ_田崎さえ.jpg
スイカの上でバカンスを楽しむコアジサシのお嬢さん。
日本の夏を象徴するスイカとコアジサシの組み合わせが面白いですね。
よく見ると、麦わら帽子の表面にはちゃんと麦わらの模様が表現されリボンもついています!
サングラスや頬のピンクのお化粧など、実に細かいところまで作り込まれた楽しい作品となっています。

T.H様「ちゃらアジサシ」
ちゃらアジサシ_田崎紘広.jpg
この作品、爆笑しました。
浜辺でちゃらちゃらしているコワモテのお兄さんといった感じですね。
こんがりと日焼けした肌、花柄のランニングシャツ、胸毛にすね毛(?)、
極め付けは首に付けた金のネックレス!
完璧にちゃらいです。(笑)
これをコロニーに置いたらコアジサシは怖がって皆、逃げてしまいそうです。


次に紹介するのは富山県 K様の作品です。

K様「はすさし」
北島比香里_「はすさし」.jpg
ハスの花とコアジサシ、なんとも大胆なアイデアですね。
青と白のコアジサシと紫のハスの花の色合いが美しいです。
ハスの花とコアジサシ本体のバランスが見事に調和してずっと見とれてしまいました。
独自の世界を作り上げた素晴らしい作品です。



次は埼玉県 Y様の作品です。

Y様「抱卵」
吉武登喜子_「抱卵」.jpg
最初に見たとき、あまりの超絶なリアル感にびっくりして声も出ませんでした。
Yさんはひょっとしてこの分野のプロフェッショナルでしょうか。
そう思わずにはいられないこの本物感と質感です。
体は本物の羽根を植えたかに見えますし、クチバシの仕上がりはもはや本物を超えています!
そして巣の中はこうなっています。
吉武登喜子_「抱卵」2.jpg
思わず巣の中の卵を取ろうと思ってつまんだら絵でした。(笑)
もう脱帽するしかありません。美術館に飾りたいくらいの作品です。


次に日本野鳥の会愛知県支部 さらちゃんの作品を紹介します。

さらちゃん「鯵刺怪鳥コアジラ」

松本彩良_コアジラ.jpg
何とも悪人顔のコアジサシ(笑)。ちょっとデビルマンに似ていますね。
背中のひれやウロコや鍵状に曲がった尾羽がおどろおどろしい雰囲気を醸し出しつつ、
それでもクチバシは黄色で、コアジサシであることをしっかりと主張しています。
現役の女子大生がこんなん作るんかい!とツッコミを入れたくなるほど異色の作品となりました。



日本野鳥の会愛知県支部 ほっしーの作品を紹介します。

ほっしー「海神の使者」
星野綾子_「海神の使者」.jpg
配色のセンスの良さが光る作品。頭に載せたおそろいの王冠がすごく可愛いですね。
題名から想像すると、どこか遠くの島にあるコアジサシ王国からやって来た王子様とお姫様でしょうか。
思わず、おとぎ話のストーリーを空想してしまいます。
「とあるコアジサシコロニー。傷ついたコアジサシをほっしーが介抱してあげた。
元気になったコアジサシをほっしーが放鳥すると南のほうへと飛んで行った。
ある夜、ほっしーが寝ていると部屋の窓をコンコンとたたく音がする。
窓をあけるとそこに美しいブルーとピンクのドレスを身にまとったコアジサシ王子とコアジサシ姫がいた。
(あなたに助けていただいたコアジサシは私たちの大事な子供です。
助けていただいたお礼にコアジサシ王国にご招待します。)
コアジサシ王子の背中に乗ってほっしーは南の島のコアジサシ王国へと飛んでいった。。。(続くかも)」




最後に、こあじさしデコイでアート事務局 テッドの作品を紹介させていただきます。

テッド「ツイッターコアジサシ」

ツイッターコアジサシ.jpg
この作品のモチーフになっているのはツイッターのロゴマークです。
頭部と腹部には丸みをつけ、尾羽も丸くカット、
クチバシはロゴマーク同様、さえずっているかのように開いています。
我々のコアジサシ保護活動が日本中、そして世界中にツイッターで瞬時に拡散するかのごとく広まって欲しい、
そんな願いがこの作品には込められています。
世界に向かって羽ばたけ!ツイッターコアジサシ!
コアジサシツイッター2.jpg


今回、こあじさしデコイでアートに参加していただいた皆様からコアジサシ代金としていただいたお金は
今後のコアジサシ保護活動のためにありがたく使用させていただきます。

改めまして参加の皆様、どうもありがとうございました!!!

こあじさしデコイでアート事務局 テッド。

集合写真1.jpg



---------------------------------------------------------
<付録>
これまでにテッドが作成したオリジナルデコイ作品をここでもう一度紹介させていただきます。
もしよろしければ当時のブログと合わせて御笑覧下さい。

「シャア専用 3倍速い」
(発表当時のブログ⇒http://herons-egrets.sblo.jp/article/183136392.html
シャア専用.jpg


「紅の豚  飛ばねえデコイはただのデコイだ」
(発表当時のブログ⇒http://herons-egrets.sblo.jp/category/4362850-2.html
紅の豚.jpg

「ウルトラマン  光の国からやってきた」
(発表当時のブログ⇒http://herons-egrets.sblo.jp/article/184433990.html
u.jpg

「コアジサシ三等陸曹」
(発表当時のブログ⇒http://herons-egrets.sblo.jp/article/185374131.html
IMG_3725.JPG


日本野鳥の会愛知県支部 http://www.wbsj-aichi.org/
公式ツイッター https://twitter.com/Great_Egret369

























posted by Ted at 09:19| Comment(0) | コアジサシ保護