2021年09月04日

こあじさしデコイでアート2021作品発表!!

皆様、お待たせしました。
「こあじさしデコイでアート2021」の作品を発表します!

コアジサシのデコイに色を塗ったり改造したりしてオリジナルのデコイに仕上げる「こあじさしデコイでアート」。
今年もユニークな作品のご応募、ありがとうございました!

全部で7つの作品を、ご本人コメント、事務局コメントを添えて紹介します。
(写真をクリックすると拡大します)

@「コアジサシの求愛給餌千葉県 Yご夫妻さま
ご本人コメント:「コアジサシのことをもっと知りたくて、夫婦で1体ずつ色塗りに挑戦しました。左向きが妻の作品で、右向きで魚をくわえているのが僕の作品です。」

事務局コメント:「ご夫婦での共同作品です。求愛給餌をテーマにした愛情あふれる作品となりました。背中の白や初列風切の黒い部分がよく表現されていますね。瞳のアイキャッチが可愛いです。」
image0.jpeg
image1.jpeg
image2.jpeg



A「ブンあじさし(白) ブンあじさし(桜)」 愛知県 Mさま
ご本人コメント:「我が家の愛鳥の文鳥がモデルになってくれました。このコンテストがきっかけで、コアジサシの保護活動に参加できたらいいなと思います。」

事務局コメント:「コアジサシデコイの目の周りと嘴を赤に塗るだけで文鳥に変身するとは! シンプルながら、あっと言わせるアイデアですね。桜文鳥のほうも、渋く可愛い仕上がりとなりました。本物の文鳥がこのデコイを見たら仲間と思ってしまうかも。笑」
文鳥.jpeg



B「四季の使者」愛知県 Hさま

ご本人コメント:「毎年ペア作品にしているのはコアジサシ達の繁殖が上手く行き、未来へ繋がる願いを込めています。」

事務局コメント:「四季折々の風景をテーマにした楽しい作品です。オスのほうは緑の木々と紅葉で夏から秋を表現し、メスのほうは雪に覆われた樹木と桜で冬から春を表現していますね。まさに四季の使者です。頭頂のアクセサリーが綺麗です。 」
IMG_3046.jpeg
IMG_3047.jpeg



C「ポール・スタンレー」愛知県 Fさま
ご本人コメント:「ご存知(?)キッスのギタリスト、ポール・スタンレーです!!誰が何と言おうと 笑
が、製作にとりかかった矢先にポールのコロナ感染のニュースが…(;▽;)
一刻も早い回復を祈りながら塗りました…………」

事務局コメント:「かつてないほど、ぶっ飛んでて、見た瞬間、大爆笑しました。(笑)。コロナ禍の暗い雰囲気を一掃してくれるような明るく楽しい作品です。肩のタトゥーと胸毛が良く表現されています。ギターやブーツや衣装のキラキラも見事です。キッスの曲を大音量で聞きながらこの作品を鑑賞して、コロナウィルスを吹き飛ばしましょう!」
ポール・スタンレー.jpg



D君の翼で世界と日本をつなげ、コアジサシ!岡山県 Tさま
ご本人コメント:「私の住んでいる岡山県倉敷市玉島の通称「人工島」にはコアジサシが棲息、抱卵をしていると聞き、驚くとともに、うれしく思いました。聞くと、コアジサシはオセアニアのニュージーランドやオーストラリアの近辺から、日本へと渡ってきているとのこと、この小さな体で1万メートル近い旅をしてやってきているのですね。そう思うとコアジサシが虹色に輝いて見えます。そこでレインボウカラーで着色し、さらにニュージーランドのクライストチャーチと倉敷市は姉妹都市の間柄。そこで両翼にはニュージーランドの国旗と日本の「日の丸」とを描いて、両国(都市)の友好の懸け橋の役割をも果たしていることにフォーカスさせてみました。そして、世界地図の上に我がコアジサシをのせて撮影しました。」

事務局コメント:「派手なレインボーカラー! 倉敷市と姉妹都市のクライストチャーチがあるニュージーランドとを行き来するコアジサシ。両国の国旗を左右にあしらった国際色豊かな作品となりました。デコイを世界地図の上に配置した写真のアイデアもユニークですね。」
武田作成デコイ、その1.jpg

武田作成デコイ、その2.jpg



E「飛ぶんだ!!」岡山県 Nさま
ご本人コメント:「コアジサシのヒナが8月に入って工事エリアで見つかりました。
親鳥も大部分が移動していて残ったのは3羽だけ。しかもヒナの前で大喧嘩という状態。勝手に先を考えて悲しくなってスコープを覗いたら、ヒナが、目いっぱい羽根を広げていました。「飛ぶんだ!!」と言っていたように見えました。私もつい、「飛ぶんだ!!」と思いました。デコイはその時のヒナを思い出して作りました。ポイントは半開きの目を一生懸命吊り上げてアピールしているところ、大きく開いた口と羽根です。タイトルには、コアジサシのヒナの意志と私の願いが込められています。」

事務局コメント:「何という生命の躍動感だろう! 作者のNさまは、望遠鏡で観察しながら「飛ぶんだ!!」というヒナの声が心の中で聞こえたに違いありません。コアジサシの命のバトンリレーを応援するNさまの気持ちがひしひしと伝わってきます。作品を見つめていたらコアジサシの明るい未来が一瞬見えた気がして、思わず涙腺がゆるみました。」
玉島のコアジサシ「飛ぶんだ!!」1.JPG
玉島のコアジサシ「飛ぶんだ!!」2.JPG
玉島のコアジサシ「飛ぶんだ!!」3.JPG



Fデコイで撮影!背景シリーズその1「コアジサシデコイのいる風景」愛知県 Tさん
事務局コメント:「コアジサシのコロニーをイラストで表現し、求愛給餌〜ヒナへのエサやりなどがドラマ仕立てで語られている、ストーリー性のある作品です。見れば見るほどに細かく描かれていますね。ぜひ写真を拡大して見てください。ちなみに作者のTさんは、愛知県支部の支部報表紙のイラストを手掛けていて、かの有名な野鳥画家、谷口高司先生に師事している新進気鋭の野鳥イラストレーターです。」
コロニー
コロニー.jpeg

求愛給餌
求愛給餌.jpeg

協力してコロニーを守る
協力してコロニーを守る.jpeg

エサ
エサ.jpeg

全景
全景.jpeg


作品は以上です。

今回、ご参加の皆様、本当にありがとうございました。
また来シーズン、楽しい作品をお待ちしております!!!

日本野鳥の会愛知県支部 
「こあじさしデコイでアート2021」事務局

(今回は事務局作品はありません。作成が間に合わず。。期待していた人がおられましたら、スイマセン。。)



過去の「こあじさしデコイでアート」ブログはこちら

こあじさしデコイでアート2020
こあじさしデコイでアート2019

日本野鳥の会愛知県支部HP
























posted by Ted at 10:31| Comment(0) | コアジサシ保護

2020年09月09日

こあじさしデコイでアート2020 作品発表!

皆様、お待たせしました。

こあじさしデコイでアート2020」の応募作品を発表します!

「こあじさしデコイでアート」は、コアジサシ保護活動の活性化を目指して2018年から始まった、コアジサシデコイの色塗りコンテストです。本物みたいに塗ったり、オリジナル作品に仕上げていただきます。

今年はいままでで一番たくさんの作品を応募していただきました。


まず最初に紹介するのは沖縄の子どもたちの作品です。

沖縄国際大学の砂川先生とゼミ生の皆さんが泡瀬干潟保全の啓発活動の一環としてデコイ色塗りイベントを地元やオンラインで開催、イベントに参加した子どもたちから多数の作品の写真を送っていただきました。

(写真をクリックすると拡大します。)

1.小2男子 かつき くん 作品名「子育てがんばれ」
ダイナミックな筆タッチで仕上がっていますね。キリッとして、ハンサムなコアジサシとなりました。手塚治虫の漫画にでてきそうな雰囲気です。
20200725_121151.jpg
20200725_124943 (1).jpg


2.小4女子 しおん さん 作品名「自縛少年花子くん」
人気漫画「自縛少年花子くん」を題材にした楽しい作品です。こんなのが学校のトイレから出てきたら怖いかな。いや楽しい気分になるかもね。
20200725_121931.jpg
20200725_125534 (1).jpg
20200725_125549.jpg


3.小1男子 はるき くん 作品名「鳥の気持ちになって」
こちらは本物志向の作品です。目元がキリリとしてかっこいいです。コアジサシコロニーに置いたらメスのコアジサシにモテモテですね。
20200725_121628.jpg
20200725_125734.jpg


4.小1男子 そら くん 作品名「カラフル」
作品名どおり、すごくカラフルな作品です。ヤイロチョウより派手ですね。コアジサシコロニーに置くよりも美術館に置きたいくらいです。
20200725_125925.jpg
20200725_125914.jpg


5.小3男子 ひろきワッツ くん 作品名「血鬼術を使える鬼コアジサシ」
不気味な迫力のあるコアジサシが登場です。血鬼術(けっきじゅつ)とは漫画『鬼滅の刃』に登場する鬼が持つ異能力のことですね。この鬼コアジサシはどんな血鬼術を使うのでしょうか。見てみたいなー。
5. SHW_1.jpg
5. SHW_2.jpg


6.小6女子 ゆか さん 作品名「泡瀬干潟で卵を産むコアジサシ」
こちらも本物志向のコアジサシです。本当に卵を温めているようかのような優しい顔に仕上がっています。来年もこんなふうに卵を産むコアジサシが見られるよう、みんなで泡瀬干潟を守っていけるといいですね。
6. S.Y.jpg


7.小2男子 ともはる くん 作品名「子育てをしているコアジサシ」
目のまわりがカッコいい、まるで歌舞伎役者のような作品となりました。ボディのグレーの大胆な塗り分けが個性的でユニークです。
6. ST.jpg


8.小3男子 しょう くん 作品名「はじめてみたコアジサシ」
しょうくんは、この夏初めてコアジサシを泡瀬干潟でみたのでしょうか。来年はこのコアジサシを置いたらきっとコアジサシが来てくれるでしょう。来年もコアジサシ見れるといいね。
8. US.jpg


9.小1男子 けい くん 作品名「キラキラコアジサシ」
こちらも本物志向の作品です。
作品名の「キラキラコアジサシ」というのは台座がカラフルに塗られているからでしょうか。こちらの作品もコアジサシがすぐに寄ってきそうですね。
9. UK.jpg


10. 4才女子 えれな ちゃん 作品名「誕生日鳥 Heart and ribbon bird」
これもカラフルな作品ですね。
作品名の「Heart and ribbon bird」が示すとおり、頭のうしろに緑色のリボンをつけていてかわいいです。
10. SE.jpg
10. SE2.jpg

そしてこちらはしょうくん「はじめてみたコアジサシ」、けい くん「キラキラコアジサシ」、えれなちゃん「誕生日鳥 Heart and ribbon bird」の3兄妹作品を並べた写真です。どれも個性豊かですね。
10. kyoudai.jpg


11.小学生女子 きさき さん がんばったところ:「2色のあお色を使ってきれいに仕上げました。」
青を基調とした、さわやかできれいなコアジサシに仕上がりました。クチバシ先端の白いところが青いボディとマッチしていてかわいいですね。
11 AK2.jpg
11.AK.jpg


12.小学生女子 ひめか さん がんばったところ:「グリーンと紫色を使って、きれいに仕上げました。」
こちらはボディが紫色であたまがグリーンという落ち着いた雰囲気のコアジサシとなりました。しっとりとしてきれいです。
12. AH.jpg


13.小学生女子 ここな さん がんばったところ:「紫とピンクを使って可愛く仕上げました。尾っぽのピンクもポイントです。」
黄色の頭と紫色のボディがバランスよいですね。首回りのピンクはマフラーでしょうか。可愛いです。尾っぽの先端のピンクがよいアクセントになっています。
13. AK.jpg
13. AK2.jpg


14.小学生女子 せれな さん がんばったところ:「シルバーと黒などを使って、大人っぽく仕上げました。」
こちらは最高にエレガントなコアジサシですね。シルバーと黒のコントラストにセンスが光っています。まるでファッションショーに出るコアジサシのようです。ホント、美しい!
沖縄県 せれな 作品(横).jpg
沖縄県 せれな 作品(斜め).jpg


15.小学2年男子 れん くん がんばったところ:「いろいろな色を使って、ワイルドに仕上げました。」
大胆な色使いでかっこよく仕上がっていますね。スーパー戦隊に出てくるヒーローのようです。「コアジサシレンジャー!」とか叫びながら登場しそう。(笑)
沖縄県 れん 作品.jpg


16.5才 きりゅう くん がんばったところ:「オレンジで元気よく、お姉ちゃんと一緒にがんばって仕上げました。」
オレンジ色のボディがあざやかでアカショウビンみたい。頭はオオルリみたいできれいな鳥のいいとこどりをしています。お姉ちゃんといっしょにかっこいい作品を作ることができました。
沖縄県きりゅう 作品(横).jpg


17.小学生女子 さら さん がんばったところ:「ボディーの明るいブルーと紺の境界が斜めになっているところがおしゃれでポイントです。」
こちらは青と紺のツートンカラーが美しい作品です。まるでドレスを着ているみたい。さらさんは弟のきりゅうくんの色塗りを手伝いながらこの作品を仕上げたのでしょうね。どちらも素晴らしい出来栄えとなりました。
沖縄県さら 作品(斜め).jpg
沖縄県 さら 作品(上から).jpg


18.小学生 ゆきと くん がんばったところ:「カラフルで胴体の上部の黒に映える白い線、胸部が爽やかな夏の果物スイカを思わせる、赤に黒の点がポイントです。」
スイカコアジサシ! 青いボディが涼しげでいかにも夏らしい作品です。頭の緑色をよくみるとスイカのような模様が入っていて細かいところまでスイカになりきっていますね。
沖縄県ゆきと 作品〈横〉.jpg
沖縄県ゆきと 作品〈前〉.jpg
沖縄県ゆきと 作品〈斜め〉.jpg


19.小学生女子 りのん さん がんばったところ:「ボディーのきれいな紫色がポイントです。お友だちの「れなさん」と仲良く仕上げました。」
頭の緑色とボディの紫色とクチバシの黄色のバランスがよくて落ち着いた仕上がりになっていますね。ボディの紫色は何色を混ぜて作ったのかな。きれいな色になっています。

沖縄県 りのん 作品.jpg


20.小学生女子 れな さん がんばったところ:「幸せの青い鳥のような、きれいなスカイブルーがポイントです。お友だちの「りのんさん」と仲良く仕上げました。」
これもきれいなコアジサシですね。ボディの青は均一ではなくて微妙にコントラストがついていて、クチバシの緑色とのバランスがとても良い雰囲気です。

沖縄県 れな 作品.jpg


21.小学生男子 かなと くん がんばったところ:「くちばしが折れても、負けない! 夏の果物のスイカ柄に、非対称なデザイン。茶色の胴体にはスイカの種を思わせる黒い点がポイントです。友だちの ゆきとくんと仲良く一緒に仕上げました。」
これはもはやスイカそのもの!(笑) スイカなのでクチバシは無くてもかまいませんよ。おいしそうで食べたくなってしまうような素晴らしい作品となりました。
沖縄県奏斗 作品(右斜め前).jpg
沖縄県奏斗 作品(左斜め前).jpg


22.小学1年女子 すみか さん 「本物のコアジサシを見たから本物どおりに塗りたくなって挑戦しました。」
限りなく本物に近いコアジサシとなりました。コロニーにおいたらすぐにコアジサシを呼べそうです。来年もコアジサシを見られるとよいですね。

20200806_105546P8060665.jpg


23.小学1年女子 はるね さん 「本物のコアジサシを見たから本物どおりに塗りたくなって挑戦しました。」
はるねさんもすみかさんと同じように本物のようなコアジサシに仕上げました。姉妹そろって大人顔負けのすばらしい作品となりました。
20200806_105304P8060656.jpg


24.沖縄 参加者の皆さん 「なかよし」 
(砂川先生のコメント)何も言わないのにコアジサシ同士を向かい合わせて「キス?」させたり、一緒にいることが楽しいみたい。コアジサシと一緒に地元の子どもたちもみんなで優しく元気に育ってほしいですね。
コアジサシ なかよし.jpg

25.沖縄国際大学 砂川ゼミ 3年生 テーマ「デコイワークショップで 小学生の皆さんをお迎えする コアジサシさんたち 」
砂川ゼミの学生さんたちが作ったコアジサシデコイの色塗り見本が、ワークショップに参加の小学生たちをお迎えしました。
沖縄県 沖国大砂川ゼミ 作品.jpg

沖縄の子供たちの作品は以上です。どれも個性的であったり本物みたいだったりで、力作ぞろいでした。

沖縄国際大学の砂川先生、ゼミ生の皆さん、そして沖縄の子供たち、参加ありがとうございました!


引き続き、応募作品を紹介します。


25.アメリカ在住 T.R様 作品名「Spider Tern (スパイダーターン)」
作者コメント「コアジサシのヒーローです!」
これはすごい!! デコイ本体にはほとんど手を加えずに色塗りだけでスパイダーマンのようなコアジサシを誕生させました。「こあじさしデコイでアート」の無限の可能性を感じさせる作品です。またクモの巣をひもで作ってアメリカの街並みをバックにした写真センスも抜群です。本当に脱帽しました!
作品1:Spider Tern(スパイダーターン).jpg
作品1:Spider Tern(スパイダーターン)A.jpg


26.アメリカ在住 T.K様 作品名「黄金コアジサシ」
作者コメント「昔、衣装に使用していたスパンコールをリユースし、貼り付けてみました!」
これまたすごい! ご夫婦そろってハイセンスですね。スパンコールを貼り付けるというアイデアが新鮮で、実にきらびやかな作品となっています。黄金の長い尾羽はまるで極楽鳥のように美しい。ニット製の巣の上に座った姿は王女様のようです。
作品2:黄金コアジサシ.jpg
作品2:黄金コアジサシA.jpg


27.石川県金沢市 I様 コアジサシとひな
コアジサシの親の足元にひなが3羽。ひなは紙粘土で作ったのでしょうか。丸々として本物のひなみたいでかわいいです。親コアジサシには毛糸で作った脚があります!
シンプルですが今まで誰も気づかなかったアイデアですね。2枚目の写真は玄関タイルの上でとった写真だそうです。ひなの模様と似ていてカモフラージュになっているところは自然環境に似ています。ナイスアイデアです。
IMG_1489.jpeg
IMG_1490.jpeg


28.埼玉県 Y様 作品名「夢の干潟の水兵さん」
埼玉県のY様は、昨年、超絶的にリアルな塗装のコアジサシデコイを作成して出品してくださいました。今回はその超リアルなコアジサシが水兵さんの格好をするというユニークな作品です。まるでコアジサシがお面をかぶって本物の水兵さんの服をきているかのうようです。青い帽子と赤い蝶ネクタイがおしゃれですね。ツンとおすまし顔の表情がグッドです。

20200827_cs1夢の干潟の水兵さん.jpeg
20200827_cs2.jpeg


29.東京都 小学1年男子 ひろあき くん 作品名「キョウジョ(京女シギ)とオバさん(オバシギ)」
コアジサシがキョウジョシギとオバシギに変身! どちらもそれぞれのシギの特徴をよくとらえていてそっくりです。しかも脚もついています!なるほどこんな脚の表現方法もあるのですね。デコイをいろいろなシギに塗ってシギシリーズでコレクションしたらすごく楽しそうです。個人的にシギが大好きなので自分もシギに塗ってみたくなりました。ひろあきくん、楽しい作品ありがとう!

20200827_195121.jpg


30.愛知県支部会員 Tさん 作品名「羽(は)りぼてコアジサシ」
(本人コメント)デコイに羽をつけようと考えた結果、張りぼてみたいに紙を貼っていく作り方になりました。羽図鑑や骨図鑑等々参考にしたかいもあって、見映えはよいですが、詳しく見ると突っ込みどころも満載かもしれません。そういう意味でも張りぼてですね(笑)
3-s.jpeg
2-s.jpeg
1-s.jpeg



31.東京都 谷口高司 先生 作品名「それは愛」
野鳥図鑑画家の谷口高司先生から作品をご出品いただきました! 
谷口先生は日本野鳥の会が発行する野鳥図鑑「新・山野の鳥」「新・水辺の鳥」をはじめとして多数の野鳥図鑑のイラストを描かれている、日本を代表する野鳥図鑑画家です。
もはや次元が異なるというか、これぞプロフェッショナル、と思わずうなってしまう、そんな作品です。同じコアジサシを見ていても谷口先生には我々とは違った世界が見えているのかもしれません。
01.jpeg
02.jpeg
03.jpeg



32.東京都 谷口りつこ 様 作品名「乙女アジサシ」
谷口先生の奥様でありマネージャーでもある谷口りつこ様からも作品をご出品していただきました!
全身にハートマークをあしらった素敵な作品です。ハートマークには色々な種類があって、絶妙な色彩バランスで配置されています。まるでおとぎの国の夢見るお姫様のような雰囲気を醸し出していますね。可愛らしく、そして美しすぎる!
04.jpeg
05.jpeg
06.jpeg

谷口高司鳥絵工房のホームページはこちら 




最後に、こあじさしデコイでアート事務局の作品を発表します。

こあじさしデコイでアート事務局作品 「とみーへのオマージュ〜初音ミクコアジサシ」
大きな翼を広げて飛び立つコアジサシと、その上に立って歌う初音ミクを表現しました。コアジサシはソーラーパネル4枚を備えており、その電気でクチバシに仕込んだLEDが光り、コアジサシの音声をバックに初音ミクが歌います。パソコンから電源をとることも可能となっています。

ソーラー電源で歌う初音ミクの動画はこちらをクリック

IMG_2182.jpg

IMG_2172.jpg

IMG_2183.jpg

この「とみーへのオマージュ〜初音ミクコアジサシ」の作り方の詳細ブログはこちらをクリック

それでは、今回の「こあじさしデコイでアート2020」に参加してくださった皆様、改めましてありがとうございました!

来年こそ、愛知県支部はコアジサシコロニー誘致を成功させるべく取り組んでまいります。
今後とも、どうぞよろしくお願いします!

日本野鳥の会愛知県支部「こあじさしデコイでアート事務局」


==========================================================================
「こあじさしデコイでアート2019」のブログはこちら

付記:
今年2020年、愛知県支部は助成金を得て「コアジサシ音声発生装置」を完成させました。ソーラーパネルで発電してスピーカーからコアジサシの音声を流す、というものです。来年はこれをデコイとともにコロニー候補地においてコアジサシの誘致をします。(ブログ記事はこちら





































































posted by Ted at 04:33| Comment(0) | コアジサシ保護

「とみーへのオマージュ〜初音ミクコアジサシ」こあじさしデコイでアート2020事務局作品

こあじさしデコイでアート2020 事務局作品

作品名「とみーへのオマージュ〜初音ミクコアジサシ」です。

とみーは愛知県支部役員のひとりで、今年の3月、電子工作を用いたデジタルアート作品「防犯コアジちゃん」を発表し、皆を驚かせました。人感センサーで人を検知するとコアジサシデコイがしゃべり、目や背中に仕込まれたLEDが点灯するという作品です。

とみー 「防犯コアジちゃん」
トミー_防犯コアジサシ.jpeg

この「防犯コアジちゃん」にインスパイアされて試行錯誤の上、完成したのが今回の作品
「とみーへのオマージュ〜初音ミクコアジサシ」です。

IMG_2182.jpg

IMG_2172.jpg

コアジサシの背中などに取り付けたソーラーパネルが発電した電気で初音ミクの歌とコアジサシの声をミックスした音声が流れます。
IMG_2090.jpg

マイコンボード arduino uno、MP3プレーヤー DFPlayer、三端子レギュレータ、スピーカーなどを使っています。電子工作の面白さを伝えるため、透明ケースに入れています。
IMG_2091.jpg

クチバシの奥に仕込んだLEDによってアクリル導光棒で作ったクチバシ全体が光ります。
IMG_2183.jpg


屋内ではパソコン電源を使用可能となっています。

デコイ改造、初音ミクの組み立て、ソーラーパネルを使った電子工作、と3つの要素を取り入れた作品となりました。

コアジサシの背中に乗った初音ミクと、羽根を大きく広げて飛び立つコアジサシとが象徴するものは、コアジサシ保護にかける愛知県支部の熱いパッションと、とみーのデジタルアートのセンスの融合です。


ソーラー電源で歌う初音ミクコアジサシ動画はこちら。
1.jpg

以下は、製作記事です。製作過程に興味ある方はどうぞご覧ください。

まず、飛翔するコアジサシのイメージをスケッチ。
IMG_2048.jpg

次にコアジサシデコイを切断します。
IMG_1964.jpg

切断したデコイを削り込んで、スケッチのイメージに近づけます。
3.jpg

クチバシはLEDで光らせるため、切断して、LEDを仕込むための穴をあけます。
4.jpg

穴をあけたコアジサシの頭部。正面からみると「ムンクの叫び」みたいでちょっと怖いですね。(笑)
5.jpg

切断したパーツを接着剤でつないで、エポキシパテで隙間を埋めます。写真は愛用の「タミヤ・エポキシ造形パテ」たくさん使うのでいつも徳用タイプを購入しています。
7.jpg

羽根をプラ板から削り出し。まずは紙で作ってからプラ板に写します。
8.jpg

Pカッターで削り出し。
9.jpg

だいたいイメージ通りに削り出すことができました。迫力を出すためにやや大きめの羽根にしました。
クチバシがないと顔が怖いため(笑)紙でクチバシを作って穴に差し込んであります。
11.jpg

胴体の造形。イメージ通りになるようひたすらヤスリとカッターナイフで削り込んでいきます。地味な根気作業ですが一番重要な工程です。
12.jpg

クチバシの奥にLEDを仕込むために、配線用の穴をあけます。この穴とクチバシに開けた穴がつながって、配線を通すことができます。
13.jpg

クチバシを作ります。写真はアクリル導光棒。今回は透明なタイプを使用します。
14.jpg

試しにLEDを棒の端に当ててみました。こんな感じでLEDの光が通ります。
15.jpg

この棒をクチバシの長さに切断し、クチバシの形になるよう削っていきます。アクリルは非常に硬いプラスチックのためカッターナイフでは歯がたちません。電動ルーターで削っていきます。
15.jpg

半日かかってやっとクチバシの形になりました。ホント、アクリル棒は硬いので苦労します。
16.jpg

LED用の配線を通します。
16.jpg

LEDをハンダ付け。このあと、LEDをクチバシの奥に押し込みます。
17.jpg

切り出した羽根の取付け。
17.jpg

羽根と胴体の隙間はパテで埋めます。
18.jpg

パテが固まったら、ヤスリとペーパーをかけて表面を仕上げます。
19.jpg

さてここからは初音ミクのプラモデルの組み立てです。Amazonで5,300円にて購入。
20.jpg

初音ミクの髪の毛専用塗料。ひとつ680円。結構高価ですがこういところにお金をケチってはいけませんね。
16.jpg

髪の毛の塗装。エアブラシで髪にコントラストをつけていきます。
w.jpg

スカート部分。すごく細かいです。
1.jpg

各パーツの作成。稼働部位が多くて部品点数がすごく多いです。
1.jpg

初音ミク、完成。
1.jpg

ここからはコアジサシの塗装です。まずは白で全体を塗装。
クチバシに仕込んだLEDに塗料がつかないようにダミーのクチバシを差し込んであります。
1.jpg

頭の黒いところを塗る準備です。マスキングテープでマスキング。
1.jpg

黒で頭部をエアブラシ。
1.jpg

羽根の上部のグレーを塗るための準備でマスキング。このあと、塗料のグレーをエアブラシで吹き付けます。
1.jpg

ソーラーパネルのテスト。300mWのソーラーパネル4枚を使っています。
写真には赤外線センサーが写っています。人を検知したら動作するようにしたかったのですが、ソーラーパネル発電では動作安定せず赤外線センサーは断念。音声制御はマイコンボードarduino unoとDFPlayer mini の組み合わせです。
1.jpg


透明ケースのスピーカー取付穴の穴あけ。この透明プラスチックは非常にもろくて亀裂が入りやすいので穴あけ加工には細心の注意が必要です。(実際、1度失敗して割れてしまい。買いなおしました。)
1.jpg

ケースにマイコンボードと配線ボードを取付、コアジサシの背中にソーラーパネルを貼り付けます。
1.jpg

初音ミクの歌はネットのフリー音源をダウンロード。
その音源とコアジサシの鳴き声を重ねあわせてSDカードに保存します。

ソーラーパネルとLEDの配線は支柱の中を通しています。
1.jpg

初音ミクを背中に乗せて、完成!
1.jpg

クチバシは青色LEDの光で先端まで光ります。
1.jpg


来年のコアジサシコロニー誘致成功に向けて歌え、初音ミク!羽ばたけコアジサシ!

日本野鳥の会愛知県支部「こあじさしデコイでアート」事務局










































































posted by Ted at 03:02| Comment(0) | コアジサシ保護