2018年02月11日

3月17日 コアジサシデコイの色塗りイベント開催!

コアジサシデコイの色塗りイベントを開催します。
皆で力を合わせて、約300個(!)のコアジサシデコイに色を塗りましょう。
まだ参加人数に余裕があります。申し込みはお早めに!
IMG_0854.JPG  IMG_0875.JPG

日時:平成30年3月17日(土)午前10時〜午後3時か4時ころまで 途中抜けしてもかまいません。途中参加でも可です。午前から参加の方は昼食持参してください。お菓子の差し入れ大歓迎。
場所:なごや生物多様性センター(名古屋市天白区元八事五丁目230番地 地下鉄鶴舞線「塩釜口」下車、2番または3番出口から南東方向へ徒歩5分)
  • 地図

  • 募集人員:約40名程度 小学生低学年から参加可能です。
    持ち物:もしあればカッターナイフ、ハンドカバー、エプロン。多少汚れてもよい服装でお越しください。

    参加申し込みはこちら



    色塗りするコアジサシのデコイはコロニーに設置するためのものです。
    差し上げるわけではありませんのでどうぞご注意を!

    コアジサシ募金として、1000円を寄付していただいた方には色塗り前のコアジサシデコイ1体を差し上げます。
    IMG_0699-1.jpg

    もし3月17日当日、時間が余ったらその差し上げるデコイの色塗りをしてもらってかまいません。
    ただし最低300個は塗るので、時間が余るかどうかは参加者のがんばり次第です。

    参加申し込みは日本野鳥の会愛知県支部へお願いします。
    メールアドレス front@wbsj-aichi.org
    またはここをクリック
    電話 052-912-9531 (月・水10時〜15時、土10時〜17時)


    普段、野鳥保護活動の機会のない方、または子供たちに野鳥保護の一旦を担ってもらうのもこの活動の目的のひとつです。保護活動未経験の方、お子様づれの方、大歓迎です。

    皆様のご参加、お待ちしています!!!
    IMG_0894-1.jpg




     






    posted by Ted at 07:50| Comment(0) | コアジサシ保護

    2018年02月04日

    コアジサシ募金のお知らせ

    日野自動車グリーンファンドからの助成金を得て進めているコアジサシ保護活動ですが、現在募金を皆様から募っています。一口500円で、募金にご協力していただいた方にはそのお礼としてコアジサシをデザインした缶バッジを1個差し上げています。
    缶バッジには2種類あっていずれのデザインもかの有名な野鳥画家の谷口高司氏です。このたびは我々の活動に賛同してコアジサシのデザインを2種類提供していただきました。しかもそのうちのひとつはわざわざ書下ろしていただいたものです。
    IMG_0706.JPG

    愛知県支部の探鳥会のときに募金を募りますのでぜひとも募金して下さい。2口募金すれば2種類のバッジを差し上げます。遠方に在住で探鳥会に参加できない方は愛知県支部に連絡いただければバッジを発送します。バッジが届きましたら指定の銀行口座に送料と募金額を振り込んで下さい。

    もうひとつお知らせがあります。
    今回の活動の目玉ともいうべき金型によるコアジサシデコイのテストショットに成功しました。写真はそのサンプル成形品です。
    IMG_0699.JPG
    金型による成形品です。白い色をしているのはデコイの材質のためです。この材質は紙質とプラスチックの混合材料で破棄するときは一般ゴミとして焼却が可能な環境にやさしい材料を用いています。硬くて耐久性があります。金型による成形では同じ品質のものを大量に作成することが出来ます。従来のデコイのように木を削り出して作る必要がありません。手間がかからず大量に作るほど安価です。

    そしてこの成形サンプルに色塗りをしました。その色塗りサンプル品がこちらです。
    IMG_0695.JPG

    イメージ通りのコアジサシデコイが出来上がりました。

    今回の募金活動では、追加でさらに1000円を募金していただける方にこの塗装前のコアジサシデコイを1体差し上げます。自分で色を塗って自分だけのコアジサシデコイを完成させて部屋に飾って下さい。そして絶滅危惧種であるコアジサシの状況に思いを巡らせて下さい。そしてもし時間が許せば我々の保護活動に参加して下さい。今回作成の量産型コアジサシデコイは環境保護への人々の思いを束ねる象徴的存在でもあるのです。

    コアジサシデコイの量産は3月を予定していますのでその時期になりましたら別途募金の募集をさせていただきます。

    皆でコアジサシ保護プロジェクトを成功させましょう!

    日本野鳥の会愛知県支部 http://www.wbsj-aichi.org/







    posted by Ted at 21:44| Comment(0) | コアジサシ保護

    2017年12月06日

    コアジサシ保護プロジェクト始動!

    コアジサシ保護プロジェクトがスタートしました。

    これまではコアジサシの営巣地を見つける都度に、愛知県自然環境課に保護を申し入れするというスタイルでしたが、これから来年にかけてはもっと積極的な保護活動をします。

    保護活動の骨子は以下の通りです。

    ・まずコアジサシの営巣候補地を探して、
    ・営巣候補地の管理者と交渉して、
    ・土地のコアジサシコロニーとしての利用許可をもらい、
    ・土地をコロニーとして利用できるよう整備して、
    ・デコイを置いてコアジサシを誘導し、
    ・営巣が始まったら天敵から守る工夫をして、
    ・コアジサシのヒナが巣立ちしてコロニーを去るまで見守る
    というアクティブな活動です。

    出来れば、東京都大田区の森ケ崎コロニーでNPO法人リトルターンプロジェクトがやっているように、行政、市民、保護団体が三位一体となった活動が出来れば理想です。
    さらに誘導して出来たコアジサシコロニーがコアジサシ安住の地として毎年コアジサシが訪れるようになればもう言うことはありません。コアジサシが絶滅危惧種の指定から外されるまで活動を続けていきたいですね。

    今回の活動の目玉は、コアジサシのデコイ用金型です。
    従来のコアジサシデコイは木を削り出して作るタイプが主流でした。
    この方法だとひとつひとつが手作りのためかなりの手間と時間がかかります。

    そこで今回はデコイ作成用の「金型」を作成して、コアジサシデコイを作る手間と時間を削減することにしました。さらにこのコアジサシデコイを全国のコアジサシ保護活動団体に格安で提供することでコアジサシ保護活動の活性化することも視野に入れています。

    下の写真は、デコイ金型作成用の原型モデルで、尾羽を上げた抱卵姿勢です。手彫りで大きさは実物大、未塗装です。このデコイを用いてシリコンで反転型をとり、それをもとにして金型を作ります。
    IMG_0099.JPG

    この原型モデルは日本のコアジサシコロニー研究の第一人者である早川先生に作成していただきました。すばらしい出来映えですね。金型を利用すればこれと同じ形のデコイを何千、何万と作ることが出来ます。
    金型で作るデコイの材料は木紛入りのプラスチックを用います。廃棄するときは燃やして処分することができる環境にやさしい材料です。金型作成と製品の成形は木粉入りデコイ金型をこれまで多数手掛けてきた阿久津樹脂工業さんに依頼をしました。木粉入りプラスチックの厚肉成形というのは技術的に非常に難しいためやれるメーカーは少ないです。阿久津樹脂工業さんはそれの出来る数少ないメーカーのひとつです。

    金型で作成したままのデコイは木の色の茶色をしているため、実際にデコイとして使用するときはアクリル塗料で色を塗ります。
    この色塗りは、イベントとして地元の子供たちを集めて実施することを検討しています。

    このデコイ原型モデルをコロニー風の場所に置いてみました。
    IMG_0090.JPG

    いかにも抱卵中のコアジサシに見えます。このデコイを置いた場所にコアジサシがやって来て繁殖が成功することを願ってやみません。

    このプロジェクトは「日野自動車グリーンファンド」からの助成金をうけています。
    助成金合格通知をうけとった瞬間はすごくうれしかったですが、次の瞬間には責任の重大さにプレッシャーを感じました。
    何としてもこのプロジェクトを成功させたいと思っています。

    プロジェクトの情報はこのブログ、ツイッター、支部報等で流しますので、ご協力よろしくお願いします。

    日本野鳥の会愛知県支部HP  http://www.wbsj-aichi.org/










    posted by Ted at 23:01| Comment(0) | コアジサシ保護