2018年03月31日

英語の野鳥図鑑の読み方1回目

今まで支部会員の皆様から、英語の野鳥図鑑が読めたらいいな、という声をたくさん聞きました。
そこで今回から数回に分けて英語の野鳥図鑑を読むコツをお伝えします。(中学生レベル)

参考にする野鳥図鑑は、「COLLINS BIRD GUIDE 2nd EDITION (コリンズ バードガイド 第2版)」。
イラストが非常に精緻で、採餌中の姿勢や群れでいるときの様子まで描かれているすばらしい図鑑です。

collins.jpg

「COLLINS BIRD GUIDE」を読むには3つのコツがあります。

1.省略に慣れる
2.部位と色の表現に慣れる
3.専門用語に慣れる

今回は「1.省略に慣れる」について

<原文>
"DABBLING DUCK
Surface-feeding small to large-sized ducks of lakes, rivers and shallow water, often upending."

(COLLINS BIRD GUIDE 2nd EDITION 24ページから引用)

<意訳>
水面採餌ガモ
湖、河川、浅水域の水面で採餌する小型から大型のカモ類で、しばしば逆立ち採餌を行う。

<単語>
dabbling duck: 水面採餌ガモ(マガモ、コガモ、オナガガモなど淡水ガモ類のこと)
surface-feeding:水面採餌
small to large-sized:小型から大型の
lake:湖
river:川、河川
shallow water:浅瀬、浅水域
often:しばしば、良く、しょっちゅう、
upending:逆立ち(逆立ち採餌と意訳)

<解説>
非常に簡潔な文です。主語と動詞を補い、文の最後の" , often upending." のコンマの代わりにピリオドで区切って動詞 (feed 採餌する)を補うと次の文になります。

Dabbling ducks are surface-feeding small to large-sized ducks of lakes, rivers and shallow water.
水面採餌ガモは湖、河川、浅水域の水面で採餌する小型から大型のカモ類です。

Dabbling ducks often feed by upending.
水面採餌ガモは、しばしば逆立ち採餌を行う。

このように省略されている主語や動詞を補い、文章を短く区切ると分かりやすい文になります。

野鳥図鑑に出てくる文の多くはこのように主語、動詞が省略されています。
主語と動詞を補うことで、ほとんどの文は中学生レベルの単純な現在形の文になります。

Very easy, isn't it? 


日本野鳥の会愛知県支部 http://www.wbsj-aichi.org/
会員募集中です。⇒ http://www.wbsj-aichi.org/recruite.html













posted by Ted at 06:02| Comment(0) | 英語の鳥図鑑