2020年03月18日

鳥とクラシック音楽

「おうちでバードウォッチング」シリーズのひとつとして、曲の中に鳥が登場したり、題名に鳥の名前がついているクラシック音楽を紹介します。全部、YouTubeで聴くことができます。

@ベートーベン 交響曲6番「田園」
いわずと知れたベートーベンの超有名曲。この交響曲は全部で5つの楽章から出来ています。鳥が登場するのは第2楽章の終り頃。フルート、オーボエ、クラリネットが3種類の鳥の鳴き声をそれぞれ奏でます。何の鳥かは聞いてみてのお楽しみ。たぶんクラリネットが吹く鳥の声は皆さまもよくご存じの鳥です。

YouTube「ベートーベン 田園 サイモン・ラトル」で検索してみて下さい。23分30秒あたりから鳴きます。



Aレスピーギ 組曲「鳥」
イタリアの作曲家レスピーギが17世紀の曲を集めて編曲した組曲。第1曲「前奏曲」につづいて、第2曲「ハト」、第3曲「めんどり」、第4曲「サヨナキドリ」、第5曲「カッコウ」の5つの曲から成ります。特にカッコウがお勧め。僕がまだ高校生くらいのころ、FM愛知で「音楽の森」というクラシック番組が放送されていて、その冒頭に流れるテーマ音楽がこの曲の「カッコウ」でした。懐かしい1曲です。

YouTube「レスピーギ 鳥 オルフェウス」で検索してください。カッコウは14分あたりから始まります。

Bシベリウス 交響詩「トゥオネラの白鳥」
フィンランドの作曲家シベリウスの代表作です。しずかな雰囲気の中、イングリッシュホルンが奏でる美しいメロディは息苦しくなるくらい。朝もや立ち込める湖を泳ぐ白鳥の姿が目に浮かんできます。

YouTube「シベリウス トゥオネラの白鳥 NHK」で検索してみてください。NHK交響楽団の演奏映像が視聴できます。

Cヨゼフ・シュトラウス ワルツ「オーストリアの村つばめ」
ワルツ王ヨハン・シュトラウスの弟ヨゼフ・シュトラウスが作曲したワルツ。曲のなかでは鳥笛を使ってツバメの声を模しています。オーストリアの初夏が感じられる明るく楽しい1曲です。

YouTube「ヨゼフ・シュトラウス オーストリアの村つばめ ボスコフスキー」で検索してください。僕の大好きだったウィリー・ボスコフスキー指揮の演奏が聴けます。

Dレスピーギ 交響詩「ローマの松」
イタリアの作曲家レスピーギの代表作 交響詩「ローマの松」。この曲の第3部「ジャニコロの松」の終り頃に登場するのは、サヨナキドリ(ナイチンゲール)。演奏では録音した実際の鳥の声を流すことが多いです。

YouTube「レスピーギ ローマの松 ニューヨークフィル」で検索するとニューヨークフィルの名演奏が視聴できます。21分くらいの曲ですが、サヨナキドリが鳴くのは15分くらいのところ。続く第4部「アッビア街道の松」は圧巻の迫力です。トロンボーンがめちゃめちゃカッコいい。

では野鳥に思いをはせつつ、クラシック音楽をお楽しみください! 

他にもまだたくさんあるので今後、紹介していきます。

テッド


posted by Ted at 21:34| Comment(0) | その他

2020年03月01日

精密コアジサシデコイの修理

先日、愛知県支部の役員の方から、「今度、イベントで展示するコアジサシデコイの修理をしてほしい。」との依頼を受けました。

届いた箱をあけるとイメージしていたデコイとはまるで違って、すごく精密な作品でした。
明らかに職人さんによる手作り品です。
IMG_0654.jpg

くちばしの先端が折れていますので、ここを修理します。
先端の薄い部分が欠けているので、普通にパテを盛っただけではすぐに取れてしまいます。
修理にはテクニックが必要です。
IMG_0660.jpg

よく見ると尾羽の先端も折れていました。これはモデラーとして黙って見過ごす訳にはいきませんね。(笑)
ここも修理することにしました。
IMG_0659.jpg


まず、くちばしの先端をヤスリで削ってたいらにします。
IMG_0667.jpg

次に、たいらにしたクチバシの先端にドリルで直径1ミリの穴をあけます。補強の鉄芯を入れるためです。
ドリルをチャックしているピンバイスはかれこれ30年以上使っている愛用品です。
IMG_0674.jpg

穴をあけたら、その穴に鉄芯を入れて瞬間接着剤で固定します。鉄芯はクリップをカットして作りました。
IMG_0682.jpg

次にくちばしの先端となる材料をプラモデルのランナーから切り出して、同様にドリルで穴を開けます。
IMG_0684.jpg

そしたら次は穴を開けたクチバシの先端材を、クチバシに差し込んだ鉄心に差し込み、瞬間接着剤で固定します。鉄心を入れることで強度が各段にアップします。またプラモデルの端材はポリスチレンで出来ているので、デコイの母材よりも強度があります。
IMG_0689.jpg

この状態では、差し込んだクチバシ先端材ともともとのクチバシとの間に段差が出来ているので、エポキシパテを使って段差を埋めます。色の違う2種類の材料を混ぜ合わせると30分くらいで固まり始めて2〜3時間で硬化します。
IMG_0690.jpg

尾羽にもパテを盛ってみました。
IMG_0704.jpg

そして、一晩おいて、パテが完全に硬化するのを待ちます。

で、翌日の朝から作業開始! クチバシの形をカッターナイフとヤスリで整えていきます。
この作業がデコイ修理の核心部分であり、完成品の出来栄えを左右します。
IMG_0695.jpg

最終調整として、前後左右のバランスを見ながらペーパーで形を慎重に整えていきます。
IMG_0696.jpg

ひたすら削ること約4時間、ようやくクチバシの形が整い、先端は「トキントキン (名古屋弁)」になりました。(笑)。
シャープという意味です。
IMG_0700.jpg

次は、尾羽です。尾羽もクチバシ同様に、カッターナイフとヤスリで形を整えていきます。
IMG_0706.jpg

最後にアクリル溶剤系塗料「Mr.カラー」で色を塗って完成です。
これなら展示会に出展しても全く問題ないレベルでしょう。
IMG_0716.jpg

尾羽部分
IMG_0713.jpg

ツイッターコアジサシ&コアジサシ三等陸曹と記念写真。
IMG_0720 (2).jpg

これで、このコアジサシデコイを展示会で展示できるようになりました。
何の展示会かは現時点で言えませんが、後日、ホームページでも紹介させていただく予定です。
どうぞお楽しみに!

日本野鳥の会愛知県支部
副支部長 野澤徹也

<参考>
参考までに、過去にデコイ製作関連で書いたブログ記事のリンクを貼っておきます。
興味あったら御笑覧ください。

シャア専用デコイ

紅の豚

ウルトラマン

コアジサシ三等陸曹

ツイッターコアジサシ(コンテスト)








posted by Ted at 14:59| Comment(0) | コアジサシ保護

2020年01月06日

SDGs講習会のお知らせ

最近、よくテレビ等でスーツ姿の人が胸に付けてるカラフルなこのバッジ、何だが気になりませんか?
index.jpg

このバッジ、SDGs(持続可能な開発目標)といって、国連が推進している2030年に向けた17のゴールを表したバッジなんです。

SDGs(持続可能な開発目標)は、ピコ太郎さんがこちらの動画で宣伝してます。
(写真をクリックすると動画が開きます)
無題.png

「誰ひとり取り残さない」を合言葉にして、今や、世界中の大企業や、政府、自治体、NGOなどが取り組んでいる2030年に向けての人権、環境、エネルギーなど幅広い分野に渡る活動です。

そこで、日本野鳥の会愛知県支部もこのSDGsに取り組むべく、講習会を開催することになりました。

日時:2020年2月1日(土)10時〜12時
場所:名古屋市北生涯学習センター
参加資格:なし どなたでも参加可
申込み:不要
先着50名

地図



講師は、愛知県庁からお招きしています。

スケジュール:
10:00~11:00頃 愛知県庁の講師による講習会
11:00~12:00 愛知県支部として何が出来るか、何をやっていくかアイデア出し

SDGsに興味のある方、
鳥を見るだけでは物足りない方、
何か世の中の役に立つことをしたい方、
ボランティア活動をやりたい方、
  御参加を御待ちしております!!!

日本野鳥の会愛知県支部ホームページはこちら 
posted by Ted at 22:44| Comment(0) | 日記