2018年08月14日

Roosting Swallow Watching

The Barn Swallow, the most common swallow in Japan, migrates from South East Asia to Japan every March. The Swallow uses man-made structure to breed from April to late July. After the breeding period, they make a large flock and fly back to their roost in a reed bed at sunset. Watching the roosting flock of Barn Swallows, called “Roosting Swallow Watching”, is a regular summer event for many birding clubs in Japan. And we just had our Roosting Swallow Watching on August-5-2018.

We got together at a park with a reed bed at 6:00 pm. The sunset time of the day was 6:52 pm and the swallow roosting usually begins 15-20 minutes before sunset. So we had a small lecture about the Barn Swallow for participants before the roosting began.
Here is a photo of the speaker, putting on a swallow headband with a picture card.
(The center person, putting on the swallow headband, is the club director, Niiomi-san)
Speaker with a swallow headband.jpg

Around 6:30 pm, a couple of swallows arrived on the sky and flied about on the reed bed. Now the swallow roosting began. Sitting on the lawn, we watched and enjoyed it.
6.30 pm.JPG

Gradually, the number of swallows increased, and the swallow roosting climaxed around 6:50 pm.
6.50pm.jpg
(Photo by Murakami-san)

Thousands of swallows flied around and dived into the reedbed one after another.
The only word we could say in this climax scene was “Incredible!”.
roosting climax.jpg
(Photo by Murakami-san)

After the climax, the number of roosting swallows gradually decreased, then the swallows in the reedbed became quiet around 7:30 pm.
(Photo by Murakami-san)
swallows in reedbed 7.30pm.jpg

This amazing swallow show can be seen during mid-summer, and gradually cannot be seen as summer is gone. And then, when their figure completely disappear, we feel autumn is coming in Japan.

T.N






posted by Ted at 22:39| Comment(0) | その他

2018年07月14日

夏休み子ども向けワークショップ 「野鳥探偵」開催します

7月29日(日)、8月5日(日)の2日間、稲永ビジターセンターにて、夏休み子ども向けワークショップ 「野鳥探偵」を開催します。

▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

「あなたは野鳥探偵」干潟食堂のミステリー

参加してくれる皆さんには、野鳥探偵となって、会場の目の前に広がる藤前干潟の謎を解いてもらいます。干潟に隠された数々の秘密とは?

▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

【ミッション1 くちばしの謎を解け】

鳥たちがたくさんのごちそうに舌鼓を打つ干潟食堂を訪れた野鳥探偵は、みんながいろいろな種類のくちばしを持っていることに気づきます。私たちはご飯を食べるときにお箸やスプーンを使いますが、鳥たちは?身近な道具を使って探ってみましょう。

【ミッション2 痕跡から犯人を捜せ】

ある日、野鳥探偵は干潟食堂の床の上にたくさんの羽根や卵が転がっているのを発見します。それらを落としていったのはどんな鳥?いろいろな証言やヒントから想像して、リサイクル材料からその鳥の模型を作り、ものがたりを考えてみましょう。

【ミッション3 つながりを探れ】

干潟とその周辺にはたくさんの魚やカニ、植物、虫など多くの生き物が一緒に住んでいます。それらは誰が欠けても誰かに影響が生じ、次から次へと連鎖していきます。たくさんの生き物がひもで繋がるゲームを通して生物多様性について感じてみましょう。

他にも、鳥の当てっこクイズや、渡り鳥になって輪投げの旅をするゲーム等、鳥とそれを取り巻く環境について楽しく遊んで学べる2日間をご用意しています。

▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

【対象】目安として小学生(対象年齢外の方は応相談)
【日程】7月29日(日)、8月5日(日)の2日間

10:00〜11:30 低学年対象 
13:30〜15:00 高学年対象

     ※原則2日間とも参加ですが、1日だけの参加もご相談ください。

【場所】 稲永ビジターセンター 研修室(港区野跡4-11-2)あおなみ線「野跡」駅、市バス「野跡駅」バス停どちらからも徒歩15分


【定員】 @,Aともに10名ずつ。先着順

【参加費】 1日につき1人500円(材料・保険代)

【要申込】 お名前・学年・保護者の方のお名前・電話番号・住所・連絡用メールアドレスまたはFAX番号を記載の上、下記の問い合わせ先に、メールまたはFAXでお申し込みください。
こちらの申込画面からでもお申込み可能です。
申し込み画面

【申込締切】 7月25日(水) ※定員になり次第締切   
【問い合わせ先】日本野鳥の会愛知県支部 

TEL/FAX:052-912-9531 E-MAIL: front@wbsj-aichi.org

野鳥探偵チラシ改.jpg
posted by Ted at 10:52| Comment(0) | お知らせ

2018年07月02日

蟹江ICサギコロニー カウント調査結果速報

2018年6月30日、予定どおり蟹江サギコロニーのカウント調査を実施しました。参加者は41名で、そのうち小学生2名、中学生1名、高校生1名、大学生9名という内訳です。最近の調査参加者はかなり平均年齢が若くなってきた印象があり、うれしい限りです。

今回もお菓子の買い出しは支部会員で野鳥調査員のYさんにお願いしました。低予算で見事な品揃えをして下さいました。クロワッサンの差し入れは三重県から参加のAさんにいただきました。すごく美味しかったです。
IMG_2311.jpg

今回は識別勉強会の前に「稲沢市矢合町サギコロニー伐採と分散」の話をしました。人とサギコロニーとの共存の難しさを考えさせられる事案です。

次に「名古屋港ポートアイランドの最新動向」について話をしました。名古屋商工会議所がポートアイランドの産業利用に向けた提言書を今年3月に公表したことをうけ、我々保護団体はポートアイランドを野鳥保護区として保全しよう、そのための提言書を作成していこう、という内容です。

http://www.wbsj-aichi.org/port_island/page.html
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%88%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89_(%E6%84%9B%E7%9F%A5%E7%9C%8C)

その後、サギ識別動画による識別勉強会では、2つのサギ飛翔動画を並列に並べて同時に識別するという試みをしました。かなり難しかったようです。動画編集も膨大な時間がかかってしまったので、次回はどうするかまた考えます。参考に動画のキャプチャー写真を添付します。こんな感じで2つの動画を並べて、羽ばたき速度の違いを比較して識別してもらいました。
何サギかわかりますか?
図1.jpg

図2.jpg

図3.jpg

蟹江インターループ内には6名の調査員が入ってカウント、ループ内から死角になるところは株式会社ヘイセイさんの御協力のもと、ビルの屋上に上らせていただいてカウントしました。

IMG_2313.jpg

今年はループ内がすでにオーバーフロー気味で、一般道側の樹林帯での営巣が始まっています。
速報値ですがトータル羽数は4272羽となり、昨年6月の3738羽を500羽以上も上回る羽数となりました。6月時点で4000羽を越えたのは2011年の調査開始以来、今回が初めてです。

7月〜8月のカウント調査ではもしかすると過去最高羽数となるかもしれません。
ハードな一日となりそうです。

日本野鳥の会愛知県支部HP http://www.wbsj-aichi.org/
サギコロニー調査HP http://herons-egrets.sakura.ne.jp/













posted by Ted at 05:22| Comment(0) | サギコロニー調査