2020年06月28日

調査員募集のお知らせ〜サギコロニー調査 

サギカウント調査の調査員を新規募集します。

日本野鳥の会愛知県支部は、2011年から東名阪自動車道「蟹江」インターチェンジのサギコロニーのカウント調査をネクスコ中日本から受託を受けて実施しています。
サギコロニー調査ホームページはこちら
このサギコロニーは2017年10月の「ダーウィンが来た!」で放送されたので御覧になった方もいらっしゃると思います。
dawin.jpg

サギたちが次々とねぐら入りする姿は壮観です。
カウント調査員はそのサギ6種類の識別をしながらカウントして記録します。
IMG_1443.jpg


今年は、久しぶりに新規カウント調査員を募集いたします。

初心者大歓迎。サギの識別が出来なくでも大丈夫です。まずは記録係からお願いします。
7月調査では、調査前に識別勉強会を実施しますので動画を見ながら識別方法を学んでいただけます。
現地でのマンツーマンの講習に変更いたします。

■参加資格: 愛知県支部会員であること。この機会に支部会員になりましょう!
支部型会員(赤い鳥会員)がおすすめです。
会員の申し込みはこちら

■日時: 7月25日(土) 午後14時30分
変更:午後16時30分〜午後19時30分頃まで

■集合場所: 蟹江町産業文化館内 蟹江中央公民館分館4階大会議室(200名収容)
現地集合に変更。お申込みいただいた方に別途連絡します。

■集合時間:午後14時30分午後16時30分

■スケジュール:
大会議室にて
 @調査方法の説明
 A愛知県支部からのお知らせ(コアジサシ保護活動等)
 Bサギ識別勉強会(サギの飛翔動画による識別ポイント解説)
 Cその他

午後16時30分 現地集合
初参加の方にマンツーマンでサギの識別方法講習

午後17時頃、蟹江インターチェンジ調査ポイントに移動

現地にて
 午後17時30分〜19時30分頃 サギカウント調査
 ねぐら入りするサギ6種類を識別しながらカウント。
 終了後、現地解散

※マスクまたはそれに準じるものを着用してください。
※蟹江中央公民館分館大会議室は200名収容の大きな部屋ですが40名の入場制限をしてお互いの間隔が十分にとれるよう配慮しています。

■持ち物
双眼鏡、筆記用具、虫除けスプレー、帽子。
長袖・長ズボン・スニーカー履きが理想。

■申し込み方法
お名前、年齢、電話番号をご記入の上、メールでお申込みください。
申し込み締め切り7月18日
なお写真撮影目的の参加はお断りしております。

お申込みはこちら


■参加者の声

・30代女性(2019年から参加)
飛んでるサギの識別は全くわかりませんでしたが、事前の識別勉強会で楽しく学ぶことができました。
今でもダイサギとチュウサギの識別は難しいですがベテランの人に教えてもらいながら楽しく参加しています。

・40代男性(2016年から参加)
サギの面白さにはまってしまいました。和気あいあいとした雰囲気で毎回楽しみです。

・20代男性(2015年から参加)
サギに魅了されて今では研究対象になっています。日本最大級のサギコロニーで調査ができることに幸せを感じています。

・50代男性(2011年の初回から参加)
もう9年目になりました。初回は支部役員のみの調査でしたがその後、様々な方が参加してくださるようになりました。
サギレンジャーヘルメットの作成など、楽しい調査ができるように工夫しています。


■カウント調査の様子
2020年6月
IMG_1472.jpg
IMG_1452.jpg
IMG_1453.jpg
IMG_1457.jpg
IMG_1462.jpg


posted by Ted at 11:23| Comment(0) | サギコロニー調査

2020年05月05日

新作サギレンジャーヘルメット 「支部長専用」

サギレンジャーヘルメットの新作「支部長専用」が完成したので発表させていただきます。

昨年春、サギレンジャー6種類、(アオサギレンジャー、ゴイサギレンジャー、ダイサギレンジャー、チュウサギレンジャー、コサギレンジャー、アマサギレンジャー)とオオバンレンジャー、クロツラヘラサギレンジャーのヘルメットを製作、おかげさまで好評でした。

でも何か、物足りなさがずっと残っていました。
何かが足りない。そんな思いがずっと続いていたのです。

で、あるときハッと気づきました。「そうだ。支部長の被るヘルメットがない。。」

そうなんです。我らが総大将、新實支部長が被るヘルメットがないんです。
これはいけない、一番肝心の支部長が被るヘルメットがなくては何も始まらないではないか。

そう思って、どんなヘルメットがいいのか、ずっと構想を練ってきました。
構想には約半年以上かかり、このたび構想が固まって一気に作成し、完成しました。

まずは、素材となるヘルメットを購入。
IMG_0914.jpg

眼鏡をどうするか悩みましたが、やはり本物がいいだろうと結論して、
支部長がかけているのと似たものを入手しました。
通販で5000円しました。こういうことにお金をケチってはいけません。
IMG_0919.jpg

支部長といえば、なんといってもあの太くて男らしい眉毛です。
「支部長専用」では眉毛を大胆にデフォルメすることにしました。

まず眉毛を紙で作って形を決めたのち、厚さ2mmのプラ板から削り出します。
プラ板から切り出すときに役立つのがP−カッターです。
写真のP−カッターはかれこれ35年以上愛用しています。
IMG_1013.jpg

同様にして目玉もプラ板から削り出します。

そして、支部長お得意の決めポーズ、「人差し指と親指のピースサイン」もプラ板から削り出します。
IMG_1015.jpg

削り出したら、カッターナイフとヤスリで形を整えます。
出来たのが下の写真です。
IMG_1017.jpg

ピースサインはプラ棒でヘルメットから吊り下げることにしました。
そのために5mm角棒を使用。この棒はスチロール樹脂で出来ていて、
70〜80度くらいのお湯に浸して温めると曲げることができます。
IMG_1019.jpg

ヘルメットに黄色でクチバシを描きます。
マスキングテープでしっかりとマスキングをしてエアブラシで塗装しました。
やはりサギレンジャーなのでクチバシがないことには格好がつきませんね。
IMG_1025.jpg

眉毛、目玉は黒で塗ります。目玉の白い部分には丸く切り出したマスキングテープを貼っておき、
黒で塗ったあとにはがします。
なんだか、「福笑い」みたいですね。
IMG_1026.jpg

塗料が乾いたら、ヘルメットに眉毛と目玉を接着剤で貼り付けます。
眉毛の位置と角度が結構難しいです。少し斜めにつけると、それっぽくなります。
IMG_1028.jpg

次は眼鏡の装着です。
眼鏡の鼻あてがヘルメットに当たって邪魔なのでニッパーでカットします。
眼鏡の製作者が見たら(なんてことだ!)って泣き出すかもしれませんね。
IMG_1006.jpg

そしてヘルメットに眼鏡を装着して、外れないように接着剤で固定します。
IMG_1030.jpg

ピースサインを5mm角棒に取り付けます。
IMG_1082.jpg

その角棒をヘルメットに取り付けます。取付部分には角棒を両側から貼って補強しました。
IMG_1083.jpg

仕上げに、ちょうどあごのところにピースサインがくるように角棒の形状を微調整します。
IMG_1084.jpg

そして完成!!
IMG_1080.jpg

IMG_1085.jpg

これで今年のサギ調査は完璧です!


























posted by Ted at 16:10| Comment(0) | サギコロニー調査

2020年03月18日

鳥とクラシック音楽

「おうちでバードウォッチング」シリーズのひとつとして、曲の中に鳥が登場したり、題名に鳥の名前がついているクラシック音楽を紹介します。全部、YouTubeで聴くことができます。

@ベートーベン 交響曲6番「田園」
いわずと知れたベートーベンの超有名曲。この交響曲は全部で5つの楽章から出来ています。鳥が登場するのは第2楽章の終り頃。フルート、オーボエ、クラリネットが3種類の鳥の鳴き声をそれぞれ奏でます。何の鳥かは聞いてみてのお楽しみ。たぶんクラリネットが吹く鳥の声は皆さまもよくご存じの鳥です。

YouTube「ベートーベン 田園 サイモン・ラトル」で検索してみて下さい。23分30秒あたりから鳴きます。



Aレスピーギ 組曲「鳥」
イタリアの作曲家レスピーギが17世紀の曲を集めて編曲した組曲。第1曲「前奏曲」につづいて、第2曲「ハト」、第3曲「めんどり」、第4曲「サヨナキドリ」、第5曲「カッコウ」の5つの曲から成ります。特にカッコウがお勧め。僕がまだ高校生くらいのころ、FM愛知で「音楽の森」というクラシック番組が放送されていて、その冒頭に流れるテーマ音楽がこの曲の「カッコウ」でした。懐かしい1曲です。

YouTube「レスピーギ 鳥 オルフェウス」で検索してください。カッコウは14分あたりから始まります。

Bシベリウス 交響詩「トゥオネラの白鳥」
フィンランドの作曲家シベリウスの代表作です。しずかな雰囲気の中、イングリッシュホルンが奏でる美しいメロディは息苦しくなるくらい。朝もや立ち込める湖を泳ぐ白鳥の姿が目に浮かんできます。

YouTube「シベリウス トゥオネラの白鳥 NHK」で検索してみてください。NHK交響楽団の演奏映像が視聴できます。

Cヨゼフ・シュトラウス ワルツ「オーストリアの村つばめ」
ワルツ王ヨハン・シュトラウスの弟ヨゼフ・シュトラウスが作曲したワルツ。曲のなかでは鳥笛を使ってツバメの声を模しています。オーストリアの初夏が感じられる明るく楽しい1曲です。

YouTube「ヨゼフ・シュトラウス オーストリアの村つばめ ボスコフスキー」で検索してください。僕の大好きだったウィリー・ボスコフスキー指揮の演奏が聴けます。

Dレスピーギ 交響詩「ローマの松」
イタリアの作曲家レスピーギの代表作 交響詩「ローマの松」。この曲の第3部「ジャニコロの松」の終り頃に登場するのは、サヨナキドリ(ナイチンゲール)。演奏では録音した実際の鳥の声を流すことが多いです。

YouTube「レスピーギ ローマの松 ニューヨークフィル」で検索するとニューヨークフィルの名演奏が視聴できます。21分くらいの曲ですが、サヨナキドリが鳴くのは15分くらいのところ。続く第4部「アッビア街道の松」は圧巻の迫力です。トロンボーンがめちゃめちゃカッコいい。

では野鳥に思いをはせつつ、クラシック音楽をお楽しみください! 

他にもまだたくさんあるので今後、紹介していきます。

テッド


posted by Ted at 21:34| Comment(0) | その他