2018年05月22日

旅立つシギ・チドリを見送る会「さよなら探鳥会」開催しました

2018年5月20日午後4時から、北の国へと旅立つシギ・チドリを見送る観察会「さよなら探鳥会」を藤前干潟にて開催しました。

天気は晴、南風がやや吹いていました。潮は満潮からの上げ潮でコンディションは申し分ありません。

まずは野鳥観察館前から干潟を観察しました。干潟ではチュウシャクシギ、キアシシギが採餌していました。

少しづつ北に移動しながらスロープ付近で陣取り、そこで旅立ちを待つことにしました。
干潟からはチュウシャクシギの鳴き交わしの「ピピピ」という澄んだ声が聞こえてきます。それに交じってダイゼンの「ピューイ」という声も聞こえてきました。

春の夕暮れどき、夕日に照らされながら干潟で鳴き交わすシギ・チドリの澄んだ声はなんとも言えぬ哀愁を感じさせ、聞くものの心を洗い流します。
IMG_1700.JPG

時刻は午後5時40分頃、鳴き交わしの声が大きくなったかと思うと、第1陣の群れ20羽弱が干潟を飛び立つと低く旋回を初めました。そして少しずつ高度をあげ、やがて堤防を越えて飛び去っていきました。旅立ちの瞬間です。後で写真で確認したところ、これはダイゼンの群れでした。
20180520ダイゼン01.JPG

干潟ではチュウシャクシギの鳴き交わしの声が大きくなってきました。すると40羽ほどの群れが飛び立って干潟上空を旋回し始めました。このまま旅立ちか、と思いきや干潟に降りる、そんなことを何度も繰り返します。
午後6時頃に再び60羽ほどの群れが舞い上がり、今度はかなりの高度で旋回を始めました。そして美しい隊列を組み、干潟から飛び去っていきました。感動の旅立ちの瞬間です。

20180520チュウシャクシギ02.JPG

20180520チュウシャクシギ03.JPG

その後も次から次へとチュウシャクシギの群れは隊列を組んで飛んでいきました。

すぐ近くの干潟で採餌していたキアシシギ12羽も澄んだ声で、ピピピピーと鳴き交わし始めました。全く飛ぶ気配はなかったのですがその群れのうち、4羽が飛び立ったかと思うとアッという間に高度を上げて、干潟から飛び去っていきました。

日がかなり西に傾いた午後6時30分頃、観察を終了しました。

結局この日に飛び去った羽数は推定で、チュウシャクシギ140羽〜190羽、ダイゼン約20羽、キアシシギ4羽でした。

「さよなら探鳥会」の日に全く飛ばないこともあります。
今年は大当たりの「さよなら探鳥会」となり、生涯忘れられない一日となりました。

(チュウシャクシギ、ダイゼンの写真提供:愛知県支部 松村さん)


日本野鳥の会愛知県支部 http://www.wbsj-aichi.org/
支部会員募集中!!   http://www.wbsj-aichi.org/recruite.html











【藤前干潟の最新記事】
posted by Ted at 05:18| Comment(0) | 藤前干潟

2018年05月19日

紅の豚コアジサシデコイ「飛ばねぇデコイはただのデコイだ」

舞台は1920年代のイタリア、アドリア海。
ある日、元イタリア空軍パイロットで今は賞金稼ぎのポルコ・ロッソは一本の電話を受ける。

「コアジサシ最後のコロニーがアイチケン空賊連合キギョーチョー団に狙われてる。ポルコ、すぐ飛んでくれ」

「安い仕事はやらねえぜ」

「コアジサシたちが誘拐されたんだ」

「そいつは、ちと高くつくぜ」

ポルコ・ロッソは、コアジサシ姿の真っ赤な飛行艇サボイアS21 に乗り込むと、コアジサシのコロニーをアイチケン空賊連合キギョーチョー団から救うため、アドリア海の青い空へと飛び立って行った。。。(続くかも)


思わずこんな空想をしてしまいそうな、オリジナルコアジサシデコイが完成しました。
「紅の豚」コアジサシデコイです。

1.jpg

2.jpg

4.JPG

3.jpg


愛知県内の自然環境のコアジサシコロニーは開発によってほぼ壊滅しました。いまや自然環境とよく似た造成地がコアジサシたちのコロニーです。

コアジサシは毎年いろいろな造成地を探してコロニーを形成します。はるか遠くのオーストラリア方面から日本に渡ってきて繁殖場所をさがすコアジサシたち。

昨年、常滑市イオン前の造成地には数百羽のコアジサシが飛来し営巣をしました。ここは愛知県企業庁の管理する土地です。

今年はコアジサシが営巣できないよう、愛知県企業庁によってわざわざ盛り土がされていて、さらに追い払うための人の監視が付いています。
イオン常滑空地南側.jpg


遠い旅をして日本にやってきたあげく、自然の環境は開発され尽くし、造成地でも営巣できないように追い払われるコアジサシたち。コアジサシには何の罪もないのです。なぜこんな扱いを受けなければならないのでしょうか。

そんなコアジサシを守るヒーローがいたらいいなという空想から、コアジサシの魔法がかかった飛行艇を操る「紅の豚 ポルコ・ロッソ」というアイデアが生まれました。

作成には、金型による量産型コアジサシデコイ(材質:紙入りバイオプラスチック、 金型および成形:阿久津樹脂工業)とファインモールド社製のプラモデル「紅の豚 サボイアS21」を使用しました。
IMG_1691.JPG

ホテル・アドリアーノのマダム・ジーナと合って話をするマルコ。

「今日 連絡があったの。ベンガルで残骸が見つかったって。3年待ったわ。もう涙も かれちゃった」

「いいやつはみんな死ぬ」

マルコの乗ったサボイアS21はミラノに休暇に行く途中、アイチケン空賊連合キギョーチョー団にやとわれたアメリカ人のカーチスに襲われ、不時着、飛行艇は大破した。

2日後、マルコはジーナに電話をかける。

「マルコ、今にローストポークになっちゃうから…私イヤよ そんなお葬式」

「飛ばねえデコイは、ただのデコイだ」

「バカ!!!」



「紅の豚」オリジナルサウンドトラック。デコイ作成中はずっと聞いていました。
久石 譲の美しい音楽とコアジサシの美しさはベストマッチです。
https://www.youtube.com/watch?v=VX13gFCsL8I
IMG_1695.JPG

コアジサシの営巣をじゃまするアイチケン空賊連合キギョーチョー団をやっつけてくれる、”紅の豚”ポルコ・ロッソ。

本当にかっこいい。

「カッコイイとは、こういうことさ」



posted by Ted at 14:30| Comment(0) | コアジサシ保護

2018年05月02日

シャア専用コアジサシデコイ

機動戦士ガンダムをリアルタイムで見ていた僕らの世代は、シャア専用、というキーワードを聞いただけで心がときめいてしまう。
シャア・アズナブル操る赤いシャア専用ザクは

「通常の3倍のスピード」だ。

だからシャア専用ザクは量産型ザクよりも3倍カッコいいのだ。


2年越しの夢が叶って、金型成形品によるデコイでのコアジサシ保護活動がスタートしたのは2017年秋。日野自動車グリーンファンドから助成金合格の知らせを受け取った日からだ。
これで成形品の量産型デコイでコアジサシ保護活動が出来る、そう思った。
日野自動車グリーンファンドさん、ありがとう!
コアジサシたちよ、俺たちが愛知県に安住の地を確保してやるぞ!


千葉県の大学のH先生のご協力でコアジサシデコイ原型モデルが完成、埼玉県の成形メーカー、阿久津樹脂工業さんに2017年12月、金型作成を依頼した。

1ヶ月半後、真っ白なテストショットの量産型コアジサシデコイが阿久津樹脂工業さんから届いた。
箱を開封してコアジサシデコイを初めて手にしたときは言いようのない感動を覚えた。

3EBB8239-1C71-462F-A68D-1B2A83F766B4.jpeg

感無量の思いでしばらく量産型デコイを見つめて、ふと思った。量産型?、、、量産型といえば量産型ザクだ。量産型ザクといえば、シャア専用ザク。シャア専用?、、、シャア専用、、、、シャア専用コアジサシ!? 、、、そうだ、シャア専用コアジサシを作ろう! そうすればこのコアジサシ保護プロジェクトは成功間違い無しだ、何たってシャア専用は通常の3倍のスピードなのだ。プロジェクトの成功の確率を3倍にするチャンスだ。


「チャンスは最大限に活かす、それが私の主義だ。」シャア・アズナブル


真っ白なコアジサシデコイと赤いシャア専用ザクとのイメージを頭の中で重ね合わせた。
一瞬でシャア専用コアジサシのイメージは出来上がった。

デコイの持つ美しいシルエットには一切手を加えずシャア専用ザクの雰囲気を最大限に表現することにした。
側頭部のホースはガンプラのパーツを流用、頭部の飾り羽はプラ板からの削り出しだ。
モノアイはザクを特徴付ける重要なポイントだ。単に丸を描くのではなく、プラ板を丸く削り出して貼り付けることでその存在感を出した。
全身はシャア専用を象徴する赤で、質感を出すためエアブラシを使ってムラなく塗った。
クチバシはもちろん黄色だ。クチバシまで赤だとコアジサシではなくなってしまう。これはあくまでもコアジサシだ。ザクではないのだ。

「ザクとは違うのだよ、ザクとは!」 ランバ・ラル

369A7458-AC9B-4F7A-8E83-D7F25BB38CDF.jpeg

こうして完成したシャア専用コアジサシだが、愛知県支部の皆に受け入れられるか不安だった。
ふざけすぎだ、といわれる気がしていた。もしそう言われたらこうつぶやくつもりだった。

「認めたくないものだな。自分自身の若さゆえの過ちというものを。」


しかし愛知県支部の役員は拍手喝さいでシャア専用コアジサシを受け入れてくれた。
皆のふところの深さを感じ、思わず胸が熱くなった。
愛知県支部会員で本当に良かったと思った瞬間だった。

そしてこのコアジサシ保護プロジェクトの成功を確信した瞬間でもあった。

「勝利の栄光を、君に!」

E5A907C7-B4D4-4061-95ED-3D88B4B16534.jpeg


コアジサシ募金 一口1000円で未塗装のコアジサシデコイを1個、差し上げます。

申込み方法:
こちらの申込み画面から、発送先、募金の口数を記入して送って下さい。
デコイが到着したら募金額と送料を振り込みして下さい。

みんなでオリジナルのコアジサシデコイを作りましょう。

「大丈夫、あなたなら出来るわ。」 セイラ・マス


日本野鳥の会愛知県支部HP http://www.wbsj-aichi.org/
支部会員募集中! http://www.wbsj-aichi.org/recruite.html
posted by Ted at 08:13| Comment(0) | コアジサシ保護